Record China

ヘッドライン:

中国と韓国、大気汚染の共同対策で新たな一歩―中国メディア

配信日時:2019年4月11日(木) 19時40分
拡大
2019年4月10日、中国メディアの環球網は、「中国と韓国が大気汚染の共同対策で新たな一歩を踏み出した」と報じた。

記事はまず、韓国・聯合ニュースの9日付報道を引用し、「韓国と中国の研究者が微小粒子状物質PM2.5の人体に対する有害性について、2年10カ月間の共同研究を行う」と報じた。

聯合ニュースによると、同研究は、今年の「グローバル研究ネットワーク支援事業」として選定された六つの新規課題の一つ。韓国と中国の吉林省、天津市の研究陣による2年10カ月間の共同研究は、PM2.5への露出による臨床・病理的資料を研究し、人体への有害な影響を体系的に究明する。韓国教育部は、この研究結果が今後のPM2.5対策の策定時に科学的根拠となる資料として活用可能だと期待しているという。

記事は続いて、「今回の共同研究以外にも、両国は最近、大気汚染対策で頻繁に行動している」とし、韓国環境部の趙明来(チョ・ミョンレ)長官が先月、中国との共同予報制や共同でPM2.5の低減に取り組むなどの措置を推進する方針を示したことなどを紹介した。

さらに、韓国が大気汚染問題を解決するため設置する国家機構の委員長の潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が今月、中国訪問から帰国した際、中国が青く澄んだ空を守るために多くの努力をしてきたことを実感したとし、韓国はこの問題の解決のためにもっと努力しなければならないと語ったこと、中国だけでなく日本も含めた多国間協議の必要性にも言及したことなどを紹介した。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国の大気汚染防止対策で「積極的な成果」―報告書

6日、世界の大気汚染の情報などを提供する「ステイト・オブ・グローバル・エア」の19年版の報告書は、中国の汚染防止対策について「積極的な成果を上げている」と指摘している。写真は17年の早春、青空の広がる北京の頤和園。

Record China
2019年4月8日 10時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング