Record China

ヘッドライン:

在日中国人による日本の物価報告、中国ネット「北京より安い」「場所どこ?」

配信日時:2019年4月12日(金) 20時0分
拡大
9日、大阪に住む在日中国人の「愛染香在大阪」さんが中国版ツイッターで「日本の物価について報告します」としてイチゴやリンゴの値段を報告。驚きの安さに中国ネットユーザーの注目が集まっている。写真は日本のスーパー。

2019年4月9日、大阪に住む在日中国人の「愛染香在大阪」さんが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「日本の物価について報告します」としてイチゴやリンゴの値段を報告。驚きの安さに中国ネットユーザーの注目が集まっている。

「愛染香在大阪」さんは、「はるばる激安の八百屋さんに買い物に来た!」とつづり、果物や野菜の値段を写真とともに紹介。イチゴ1パック258円、ダイコン1本88円、リンゴ1個68円、トマト4個178円、小松菜1袋58円だったとし、「ほかの地域に住む留学生も感動すると思う」とコメントしている。

ネットユーザーからは「北京より安い」「中国国内でイチゴは1パック30元(500円)近く。しかも大きくなかった」「トマトいいなあ!池袋では安くても1個110円だったよ」「長崎は1パック400円だった」などと自身の住んでいる地域と比較したコメントが相次いでいる。

また、複数のネットユーザーが「場所はどこ?」「店名は?」などと質問しており、「愛染香在大阪」さんは「店名は書いていなかったけど場所は鶴見橋商店街(大阪西成区)の越前屋付近です」と回答している。(翻訳・編集/和田)

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

中国では野菜価格が上昇し続けるのに日本はなぜ20年間変わらないのか?「物価が上がらないのも苦痛なこと」「日本政府が無能だから」―中国ネット

6日、中国の掲示板サイトに、「中国では野菜の価格が値上がりし続けるのに日本はなぜ20年間変わらないのか?」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年5月8日 23時40分
続きを読む

今にも崩れそうな廃ビルで野菜を栽培=野菜高騰を受け市民らが対策―浙江省紹興市

17日昼ごろ、中国・浙江省紹興市にある廃ビル近くで、市民が植えた野菜の手入れをしていた。市民によると野菜の価格高騰により、多くの市民が家の近くで野菜を植えられそうな場所を見つけては野菜を育て、日常の野菜消費を補っているという。

Record China
2012年10月19日 1時44分
続きを読む

ランキング