【募集中】韓国語社内スタッフ

空自のF-35A戦闘機が不明、中国でも大きな話題に=メディアが速報、「残りは飛行停止」が微博ランキング3位に

配信日時:2019年4月10日(水) 10時50分
空自のF-35A不明=中国メディアも速報、「飛行停止」がランキング3位に
画像ID  1082355
航空自衛隊のF-35A戦闘機の消息が不明となったことが、中国でも大きな話題になっている。写真はF-35A(航空自衛隊HPより)。
航空自衛隊のF-35A戦闘機の消息が不明となったことが、中国でも大きな話題になっている。

9日、防衛省は、航空自衛隊三沢基地所属のF-35Aステルス戦闘機1機が、訓練中に三沢基地の東135キロの洋上でレーダーロスト(レーダーから消える)したことを明らかにした。岩屋毅防衛相は「原因は不明だが、人命救助に最善を尽くす」とし、F-35Aについて「当面の間は飛行を見合わせる」との考えを示した。三沢基地では先月26日、12機のF-35Aが属する第302飛行隊が発足したばかりだった。

中国では、人民日報や環球時報、参考消息といった大手メディアが、日本のNHKなどの報道を基に一斉に報じた。環球時報は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで、岩屋防衛相の会見の様子を転載。中国の軍事専門家で、中央テレビ(CCTV)のコメンテーターも務める杜文龍(ドゥー・ウェンロン)氏は、自身の微博アカウントで「日本のF-35Aが海に墜落したもよう!」などとツイートした。

中国のネットユーザーからも多数のコメントが寄せられており、「ボーイングに続き、ロッキード・マーティンまで」「パイロットが無事だといいね」「警戒を怠ってはならない。わが国にとってF-35は依然として脅威」といった声が並んだ。

微博の検索キーワードランキングでは、10日朝の時点で「日本が残りのF-35Aの飛行を停止へ」がトップ3に入るほど注目を集めた。(北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事