中国の古典、日本の「柱」に―中国メディア

配信日時:2019年4月11日(木) 23時20分
中国の古典、日本の「柱」に―中国メディア
画像ID  1082121
9日、環球網は、日本では新元号が「令和」と決定したことで、古典ブームが起きていると伝えた。資料写真。
2019年4月9日、環球網は、日本では新元号が「令和」と決定したことで、古典ブームが起きていると伝えた。

記事は、日本人にとって元号は生活のあらゆるところで使用されており、「伝統と現代性が共存している」と紹介。新元号が日本社会に古典ブームを引き起こしており、「元号の出典を探求することは、日本人の古典文化の素養を反映している」と伝えた。

その上で、新元号の「令和」の出典とされた「万葉集」が販売部数を大きく伸ばしていることを紹介。「大学の図書館では、学生たちが争うように『万葉集』を読んでいる」と伝えた。また、「書店では新元号特設コーナーが設けられ、『万葉集』や古典研究に関する書籍が並べられ、古典知識に関する漫画、古典小説などが大人たちの注目を浴びている。書店の経営者は古典書籍を絶えず補充している」と、日本で古典がブームになっていると伝えた。

さらに、「令和」の出典をめぐっては、日本の書籍なのか中国の書籍なのかで、日本のネット上では熱い論争が繰り広げられたと紹介。中国の詩文集「文選」(もんぜん)に「令和」が出ているとの指摘から、多くのネットユーザーが「万葉集」と「文選」を研究したと伝えた。また、これまでの元号はすべて中国古典からの出典であることも紹介している。

こうした状況について記事は、「日本はこれまでずっと中国の伝統文化を重視し、学んできた。現在の日本の小中学校の教科書には大量の漢文が掲載されている。国語の授業において、漢文教育はずっと重要な位置を占めてきた」と指摘。「三国志」や「論語」などの中国古典は、日本で常にベストセラーとなっており、学校教育でも中国古典に関する内容が少なくないと紹介した。一例として、「日本では中学1年で中国の四字熟語に関する物語を学び、2年になると杜甫、李白、孟浩然、王維などの唐時代の詩や論語を学ぶ」ことを伝えた。

記事は、「中国古典は、江戸時代からずっと日本の道徳教育の手本となってきた。特に、リーダーとしての素養を培うのに中国の伝統的な道徳が必要だった。中国古典から学び、リーダーとしての素養を身につけた人たちが明治維新の中心となり、江戸時代に中国古典の道徳教育を受けた志士たちが国家の危機に面して身を投げ出し、近代日本の柱となった」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2019/04/11 23:40)

    中国古典は柱になっていません。柱になったのは中国古典を学んだ志士と書かれています。一般の日本人が難しい万葉集を苦労して読んでいるのに、いい加減な表題を付ける編集者は元号や中国古典や柱という漢字そもものを冒涜している。どうやったら本が柱になるのか。 人が柱になることを人柱と言います。洪水で堤防や橋が流されないようにと多摩川でも人柱があったと小学校の郷土史で学びました。ほんとうに編集者は軽薄。 4/14追記) 記事と正反対の見出しが付くことがあります。yahoo!でも敏腕web編集者が上がってきた通信社や新聞社の記事に独自のweb見出しをつけています。どうやってそれをしているかを特集した番組を見たことがあります。このサイトでも記事を書いている記者とwebの編集者とは別と考えています。この記事を書いた記者を批判したのではありません。誤解なきよう願います。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事