【募集中】韓国語社内スタッフ

日本の食品ロス、中国人はどう考える?

配信日時:2019年4月9日(火) 7時40分
日本の食品ロス、中国人はどう考える?
画像ID  1081871
8日、中国版ツイッターのウェイボーでこのほど、日本の「食品ロス」について紹介する投稿があり、注目を集めている。資料写真。
2019年4月8日、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)でこのほど、日本の「食品ロス」について紹介する投稿があり、注目を集めている。

「食品ロス」とは、食品廃棄物などのうち、本来食べられるにもかかわらず捨てられてしまうものを指す。

投稿主は日本在住の中国人ブロガーで、日本メディアの報道を引用し、日本にはおいしく食べられる賞味期限と安全に食べられる消費期限があり、さらに日本の食品業界には「3分の1ルール」と言われる商慣習があることを紹介。このルールは、賞味期限までの期間を3分の1ずつに区切り、最初の3分の1の期間内に小売店に納品し、最後の3分の1の期間を過ぎると返品しなければならないという厳しいもので、そのため食品ロスが生じやすいことを紹介した。

投稿主はまた、「以前日本のコンビニで働いていたことがある」とし、「毎日大きな袋でいくつも廃棄する。廃棄物は鍵付きの部屋に置かれていて、指定の時間になると回収の人が来る。そのため、食べ物に困っている人に届けることはできない。食品ロスが少しでも減るといいのだが」などとつづっている。

これについて、中国のネットユーザーからは「平成27年の統計によると、日本では食品廃棄物に占める食品ロスの割合は22.7%に上るという」「コンビニなどで捨てられる弁当は本当にもったいない」「日本人は食の安全をとても重視しているようなので、これが浪費とは考えていないのかもしれない」「今年に入って残念な気持ちになったニュースが二つあった。一つは恵方巻きの大量廃棄で、もう一つは育ちすぎて廃棄されるダイコンだ。日本はとても節約しているように見えて、実は浪費大国のようだ」「分かっていても変わらないだろう」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2019/04/11 01:13)

    中国は急激に日本などの善い所取りをして急成長したが、今もう一度立ち止まって考えるべきだ。 日本はルールを重んじる国に成長した。だから一度作ったルールに縛られて苦しんでいる。日本人は自分達が常に向上する民族だと言う事に気がつけていなかった。 今の賞味期限にしても実は、かなり昔に決められたルール。 日本人は、総てが同時に向上している事を見落としてしまった。 物流にしても、昔は普通のトラックでの配送だったのに今では、冷凍・冷蔵車での配達は常識で、食品の製造も実は無菌室で食品に合わせて冷房された部屋で作られている。 そして配送も商品の温度変化を嫌い夜間配送や、台車事態温度変化しない様にしてある。 なのに賞味期限は、何十年も前に定められたものに拘って居る。 それは企業機密に成りルールを作る側の人は知らない事なのだからルールが変わるわけが無い。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事