黄砂に飲み込まれる街、たちまちにして夜の暗さに―新疆・アルタイ市

配信日時:2019年4月8日(月) 13時0分
黄砂に飲み込まれる街、たちまちにして夜の暗さに―新疆・アルタイ市
画像ID  1081821
6日、新疆ウイグル自治区北部のアルタイ市が猛烈な黄砂に見舞われた。まだ明るさの残る時間帯だったが、街はたちまち暗闇に覆われた。
2019年4月6日夕方、新疆ウイグル自治区北部のアルタイ市が猛烈な黄砂に見舞われた。まだ明るさの残る時間帯だったが、街はたちまち暗闇に覆われた。視界は15メートルほどに低下したという。中国メディアの新浪網が8日付で伝えた。

その他の写真

中国の北部内陸地域では春先を中心に、強風が大規模に砂や土ぼこりを舞い上げる砂塵(さじん)嵐と呼ばれる現象が発生することが多い。巻き上げられた土ぼこりなどが上空に達し、西風に乗って日本まで達することもある。いわゆる黄砂現象だ。

日本に到達する黄砂は、上空から降り注いでくるが、発生源の中国内陸部では、砂塵が地上をなめるように進んでいく。強烈な砂塵に巻き込まれた家畜や人が、気道をふさがれて窒息死することも発生している。

6日のアルタイ市は、十数分で都市全体が砂や土ぼこりに覆われて、深夜のような暗さになった。走行する自動車は一斉にヘッドライトを点灯した。

気象庁(日本)の予測によれば、6日にアルタイ市を飲み込んだ黄砂が日本に到達することはないようだ。

アルタイ市は新疆ウイグル北部にあり、モンゴル国やロシア、カザフスタンとの国境が近い。アルタイ市を含むアルタイ地区全体ではカザフ族が多く、他にモンゴル族も生活している。都市部では漢族が多い。なお、新疆ウイグル自治区に住むモンゴル人は、歴史上「オイロト(オイラート)」と呼ばれた人々の子孫で、内モンゴル自治区やモンゴル国の中央部に住むモンゴル族/モンゴル人とは、文化面での違いがやや大きい。(翻訳・編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事