Record China

ヘッドライン:

“香港独立支持派”と中国で封殺状態、俳優アンソニー・ウォンが「5年間収入なし」を語る

配信日時:2019年4月8日(月) 17時20分
拡大
1/2枚
2019年4月7日、香港の演技派俳優アンソニー・ウォン(黄秋生)が、中国市場で封殺に遭ったことで過去5年間にほとんど収入がなかったと語っている。

その他の写真

「インファナル・アフェア」や「頭文字D THE MOVIE」など数々の映画で知られる俳優アンソニー・ウォンは、2014年に香港で起こった「雨傘革命」の民主化要求運動を支持したことで、“香港独立支持派”の1人とされて中国市場で封殺されることに。現在も封殺は解けておらず、ここ5年の間、収入がほとんどなかったことを明かしている。

今後の活動について不安を抱えるが、所属事務所である香港最大のエンタメ集団・英皇娯楽集団(EEG)のCEO、アルバート・ヨン(楊受成)氏の支えが大きいことを語っている。経済的な援助だけでなく、最新作の映画「死因無可疑」に携わる機会も用意してくれたとのこと。こういった協力もあり、目の前の困難については「あまり深く考えないことにしている」と話している。

先月開催された第14回大阪アジアン映画祭では、事故に遭遇して車いす生活を送ることになった男性と、フィリピン人メイドの心の交流を描いた主演映画「みじめな人」(淪落人)が大好評だった。同作では昨年、第25回香港映画評論学会大奨の最優秀男優賞を受賞。さらに今月14日に授賞式が行われる“香港版アカデミー賞”の電影金像奨でも、最優秀主演男優賞にノミネートされている。(Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「日本人はなぜ故宮を焼き払わなかった?」ツイート炎上の俳優が謝罪―中国

中国版ツイッターのウェイボーに「日本人は北京を8年間占領したのに、どうして故宮内の文化財を略奪したり、故宮を焼き払ったりしなかったのか。これは侵略者の本性に合致するのか」と投稿して炎上した中国の俳優の趙立新が3日、ウェイボーに謝罪文を掲載した。

Record China
2019年4月4日 11時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング