【募集中】韓国語社内スタッフ

中国に今も残る葬儀の風習=泣く、叫ぶ、奏でる、演じるの大騒ぎ―中国メディア

配信日時:2019年4月7日(日) 22時20分
中国に残る葬儀の風習=泣く、叫ぶ、奏でる、演じるの大騒ぎ
画像ID  1081608
中国メディアの新浪網は7日付記事で、中国・山西省に今も残る葬儀の風習を紹介した。泣き叫び、音楽を演奏し、パフォーマンスも演じる「劇団」を招き、死者を派手に送るのだという。
中国メディアの新浪網は2019年4月7日付記事で、中国・山西省に今も残る葬儀の風習を紹介した。泣き叫び、音楽を演奏し、パフォーマンスも演じる「劇団」を招き、死者を派手に送るのだという。

その他の写真

パフォーマンスを行っている三平さんが暮らす山西省では、葬儀に際して「劇班子(シーバンズ=劇団)」を呼ぶ風習がある。「劇団」と言っても、まず大切なのは別れの悲しみに号泣する役だ。大泣きに泣き、さらに死者の生前の恩に対する感謝の気持ちを絶叫する。

音楽の演奏も欠かせない。伝統楽器としては銅鑼や太鼓打楽器や嗩吶(スオナー)がある。嗩吶はリードのある木管楽器だ。起源は古代ペルシアで用いられた「スルナ」と呼ばれる楽器で、中国には元朝(13~14世紀)に伝来したとされる。スルナは欧州に伝わり現在のオーボエの祖先になった。ただし嗩吶の音量はオーボエより大きく、打楽器類を除けば中国伝統楽器の中でも最も大音量だ。したがって、屋外での演奏にも適している。

葬儀に呼ばれる「劇団」は現代風に、電子式のキーボードも用いる。もちろん、大音量での演奏が可能だ。

葬儀の場を派手にするのは、それだけではない。さまざまな芸の披露がある。記事によると、3月23日に山西省文水県で行われた葬儀では、「風船飲み込み芸」や「丸太を使ったバランス芸」が披露された。

長年にわたり「葬儀パフォーマンス」に携わってきた三平さんによると、遺族の悲しみにはずいぶんと違いがある。死者の年齢に関係なく、男性を突然亡くした遺族の悲しみが最も深いという。

三平さんは、「葬儀パフォーマンス」に際しては、できるだけ遺族のことや家族の状況を聞くことにしている。派手なパフォーマンスだが目的は心を込めて死者を送り出すことであり、死者などについてよく知らないと、形式的なものになってしまうからだ。

記事は、三平さんらの劇団を「葬儀のプロ」と紹介。パフォーマンスにより相当な額の謝礼をもらえるという。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事