10月から日本で始まる幼児教育無償化に中国ネット「これこそ社会主義での福祉」「なんだか急に日本がうらやましく思えてきた」

配信日時:2019年9月8日(日) 21時20分
10月から日本で始まる幼児教育無償化に中国ネットの反応は?
画像ID  1081595
8日、新浪新聞のウェイボーアカウント「微天下」は、日本で10月から幼児教育が完全無償化すると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2019年9月8日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント「微天下」は、日本で10月から幼児教育が完全無償化すると伝えた。

記事は、「10月から、日本で生活するすべての日本人や納税している外国人は、所得にかかわらず、3歳から5歳までの幼児教育と保育がすべて無料になる。中学卒業まで学費はすべて無料となり、通院医療費も無料となる。さらに政府は、毎月児童手当も給付する」と伝えた。安倍首相が幼児教育無償化について説明した自民党のコマーシャルの動画も紹介している。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本は社会主義なのか」「これこそ社会主義での福祉じゃないか。完全にあべこべだ」「日本は中国より100年進んでいる感じがする」などのコメントが寄せられた。

また、「ものすごく日本へ行きたい」「なんだか急に日本がうらやましく思えてきた」「われわれの方の幼稚園は金がかかりすぎ」「幼稚園が無料というのがポイントだ。3年間の費用で子どもに質の高い生活を送らせることができる」というコメントもあり、多くのネットユーザーがうらやましく思ったようだ。

ほかには、「それでも子どもを産みたくない若者は産まないだろう」「どんな根拠で子どものいない人の税負担を重くするのかを説明してほしい」という意見もあった。(翻訳・編集/山中)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sak***** | (2019/09/09 22:22)

    >「どんな根拠で子どものいない人の税負担を重くするのかを説明してほしい」 例えば、個人が生涯に払う納税額が同じだとしよう。しかし、数百年続くであろう国という単位で考えた場合、「子供のいない人」の納税額よりも「子供のいる人とその子孫」の納税額の方がはるかに大きくなる。 子供は未来の納税者であり、年金や医療費などの福祉を支える人材である。しかも、子供のいない人の老後を支えるのは、この子供たちであり、こどもを育てるのはお金がかかる。 結果、子供のいる人といない人の税負担を同じにした場合、いない人の負担の方が少ない事になるからだと思います。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事