中国の大気汚染防止対策で「積極的な成果」―報告書

配信日時:2019年4月8日(月) 10時10分
中国の大気汚染防止対策で「積極的な成果」―報告書
画像ID  1081593
6日、世界の大気汚染の情報などを提供する「ステイト・オブ・グローバル・エア」の19年版の報告書は、中国の汚染防止対策について「積極的な成果を上げている」と指摘している。写真は17年の早春、青空の広がる北京の頤和園。
2019年4月6日、露通信社スプートニクの中国語版サイトによると、世界の大気汚染の情報などを提供する「ステイト・オブ・グローバル・エア」の19年版の報告書は、中国の汚染防止対策について「積極的な成果を上げている」と指摘している。

報告書は、「この取り組みにおける重要なマイルストーンは、13年に中国の国務院が発行した大気汚染防止と管理のための行動計画だ」とし、「13年から17年の間に、微小粒子状物質PM2.5の年平均濃度は3分の1減少し、二酸化硫黄の平均濃度は54%減少し、一酸化炭素の平均濃度は28%減少した」と指摘した。

一方で、「中国の大気汚染は依然として、世界の平均的な水準に比べて深刻だ」とし、「中国では17年に、PM2.5の暴露が原因で85万2000人が死亡した。さらに17万8000人がオゾンによる慢性呼吸器疾患で死亡している」とも指摘している。

報告書はまた、「中国は大気汚染対策で積極的な成果を上げている」とし、「中国と世界の両方で急速かつ大幅に大気の質を改善するための潜在力の大きさを強調するものだ」と指摘している。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ser***** | (2019/04/08 10:34)

    また、陰に「日本企業の力」があるんじゃないのか? 高速鉄道も、新幹線の技術提供を受けておきながら、 今では「中国独自の技術」だと、しれっと言い切っているように、 大気汚染改善にも、 日本企業の技術提供を受けていたとしても、絶対に言わないよな。 こいつらは。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事