Record China

ヘッドライン:

米国務省報道官「中国の通信会社は信用できない」―露メディア

配信日時:2019年4月7日(日) 13時20分
拡大
6日、露通信社スプートニクの中国語版サイトは、米国務省のモーガン・オルタガス報道官が「中国の通信会社は信用できない」と述べたと報じた。資料写真。

2019年4月6日、露通信社スプートニクの中国語版サイトは、米国務省のモーガン・オルタガス報道官が「中国の通信会社は信用できない」と述べたと報じた。

記事によると、オルタガス報道官は5日、ツイッターに「中国の『国家情報法』第7条は、中国企業に中国政府の諜報活動を支援するよう求めている。諜報活動を法律で義務付けられている企業に、私たちの電気通信インフラを任せることなどできようか」と投稿した。

記事は、オルタガス報道官の投稿を紹介した上で、「米国は、米国とその同盟国の5Gネットワーク構築に中国企業が参入することに断固反対している。米国は長い間、中国による知的財産権窃盗を非難している。米中両国は現在、通商協議を行っており、知的財産権保護は協議における重要事項だ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米中覇権争いで進む「世界経済ブロック化」、戦前の悪夢再来か?=米国が中国IT企業排除も、欧州は「一帯一路」に踏み出す―日本の役割重要に

米トランプ政権が保護主義的な政策を推進。米中間の貿易戦争や次代覇権争いが激化し、「世界経済ブロック化」危機が進行している。ベルリンの壁の崩壊から30年近くが経過した今、今度は米国と中国の間の緊張が高まっている。

八牧浩行
2019年4月6日 6時10分
続きを読む

ファーウェイ輪番会長「ファーウェイを選択した国は、デジタル経済の次の成長の波で有利になる」―中国メディア

29日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の郭平輪番会長は、「ファーウェイと協力することを選択した国は、デジタル経済の次の成長の波で有利になるだろう」と述べた。写真は中国・深センのファーウェイ本社。

Record China
2019年3月31日 17時30分
続きを読む

ランキング