ロシア外務省、「日本の教科書は歴史を歪曲している」と批判―中国メディア

配信日時:2019年4月7日(日) 10時0分
ロシア外務省「日本の教科書は歴史を歪曲している」―中国メディア
画像ID  1081457
5日、新華社は、ロシア外務省のザハロワ情報局長が、日本の教科書は歴史を歪曲していると批判したと伝えた。資料写真。
2019年4月5日、新華社は、ロシア外務省のザハロワ情報局長が4日、日本の新たな教科書で北方領土について日本固有の領土としていることはばかげており、第二次世界大戦の結果として広く認められた評価に反するものだと語ったと伝えた。

ザハロワ情報局長は、外務省による定例記者会見で、「ロシアは日本の文部科学省が先日発表した20年度から使用される小学校の新たな教科書に注視している」と述べた。さらに「この教科書には、『北方領土が日本固有の領土だ』とばかげた表現で記載されている」とも述べている。

ザハロワ情報局長は、「平和条約問題に関する日本の立場のプロパガンダを目指したもので、第二次世界大戦の一般的な評価に反するものとロシアは見なしている。日本のこうした動きは、日本の指導者が求める相互理解を深めるという指示に反しており、遺憾だ。日本は青少年に歴史と法的事実を歪曲(わいきょく)した認識を伝えており、日本と隣国の国民関係を疎遠にさせる種をまいた」と批判した。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2019/04/07 18:58)

    日ソ中立条約は通告1年後に終了する規定になっている。ソ連は一方的に破棄して直ちに日本に対する侵略戦争を始めた。これは「平和に対する罪」のA級戦犯に該当する。 南樺太と千島列島全島を平和裡に交換する条約が締結されているので、北方4島だけではなく千島列島全てが日本の固有の領土。ソ連は参加していないからサンフランシスコ講和条約の条項は適用されない。 教科書はこの事実を正確に教えていない。条約を破ったロシアと条約を締結してもまた破られる。軍事的な対応を怠ってはならない。またいつ侵略してくるか分からない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/04/07 15:31)

    >第二次世界大戦の一般的な評価に反するものとロシアは見なしている 第二次世界大戦の末期、ソ連は〈日ソ不可侵条約〉を破って日本に宣戦布告して、日本が〈ポツダム宣言〉を受諾した後で北方領土を占領している。ソ連はポツダム宣言に調印していないと言い訳するが〈火事場泥棒〉のようなことをしたことは事実である。日本の教科書には〈客観的な事実〉だけを記載して、歴史判断は小学生に任せればいい。童話『はだかの王様』でも子供の言うことが正しかったはずである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2019/04/07 12:25)

    日本の近隣は嘘が得意な国ばかりだ。^^
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事