日本で元号が変わることが持つ、政治的な意味はどれほどあるのか―中国メディア

配信日時:2019年4月7日(日) 12時30分
日本で元号が変わることが持つ、政治的な意味はどれほどあるのか
画像ID  1081452
6日、北京日報は、日本で元号が変わることについての政治的な意味について考察する記事を掲載した。写真は皇居。
2019年4月6日、北京日報は、日本で元号が変わることについての政治的な意味について考察する記事を掲載した。

記事は、今上天皇が4月30日で退位し、新天皇が5月1日に即位するのに伴い、4月1日に日本政府が新元号「令和」を発表したと紹介。「日本では改元は国家の大事であり、そこには複雑な政治的な意味合いと考慮が含まれている。それ故、新元号の発表により各方面でさまざまな議論が巻き起こっているのだ」とした上で、議論のポイントを4点挙げている。

1点目は「新元号は皇室が決めるものでもなく、専門家が決定するのでもなく、行政の長である安倍晋三首相こそが最終決定者である」ということを挙げた。もちろん安倍首相1人の意志によるものではないが、今回の改元では中国の古典から採用する伝統を改めており、これは日本の民族感情が高まっている典型的な表れであると説明した。

2点目は、「脱中国化」の印象を与える一方で、日本が現在も唯一中国に倣った元号制度を存続させていること、日本の「万葉集」から採用した元号ではあるものの、類似の詩歌は中国の古典作品にもしばしば登場していることから「かえって日本の伝統が中国文化によってもたらされたものであることを実証する」結果になったとしている。

3点目では、中国の古典書籍「礼記」に「発号出令而民説、謂之和(天子が命令を発し人びとが幸せになる、即ちこれを和と言う)」という一節があり、「令和」という元号には「上からの命令に従うことで国が平和になる」という隠れた意味が込められているとの説を紹介した。

そして4点目は、「元号自体が特に重要なわけではなく、重要なのは新たな天皇の政治的な立場、歴史観である。一般的に新天皇のイメージは開明的で、国際的な視野とバランス感覚を持っており、歴史問題において安易に右派に利用されることはないだろう。ただ、いかにせよ実際に(天皇に)なってみないと分からない」との見方を伝えている。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本が***** | (2019/04/07 17:14)

    あのさ、日本の元号が変わって騒いでるお国は、日本よりも特殊アジアのお国ばかりなんだけどさ(笑)。騒ぐのは勝手だけど、はっきり言って、お前ら関係ねえから。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/04/07 14:08)

    新元号候補6案のうち半分は中国古典由来でる。専門家を交えて決めたのだから、中国由来が選ばれていたかもしれない。首相が脱中国に固執していたなら、そんな危険は冒さないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2019/04/07 13:15)

    文化と云うものは様々な民族が交流して生まれるもの。典型的な例として、フランスはヨーロッパの様々な民族の交流で生まれた歴史があり、今も交流は続いている。中国と云うが中国は1949年に毛沢東が独立宣言して以来で、中国というのは70年しか歴史はない。3千年とも4千年ともいうのはそこにいた民族が戦争をして勝者になって王朝を築いたもので、日本の様に一つの王朝ではない。だから日本の年号と云うのは中国の歴史からとったものではなく、大陸にあった文化の一つを取り上げたに過ぎない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事