Record China

ヘッドライン:

日本に続け!韓国で「猫の島」プロジェクト開始=ネットは歓迎ムード

配信日時:2019年4月8日(月) 18時20分
拡大
2019年4月5日、韓国・ハンギョレは「韓国にも猫の島ができる」との見出しで、「日本の青島のように住民と野良猫が共に暮らす島ができる」と報じた。

記事によると、韓国の動物保護団体・動物救助119(イム・ヨンギ代表)は3日、全羅南道(チョルラナムド)高興郡(コフングン)の艾島(エド、またはヨモギ島)に、今年中に「猫の島」を造る予定だと明らかにした。同プロジェクトは、昨年9月に団体関係者らが島を訪問して始まったもので、餌場の設置、去勢・避妊手術による個体数の調節、個体別の健康チェック、飼料支援などについて話し合い、住民と共存できる文化を創る予定という。

記事は艾島について「珍しい暖帯林があり、全羅南道民間庭園1号に指定されている。島の住民らが犬を育てないと約束した村でもあり、古くから多くの野良猫が暮らす土地だった。現在では、30~40匹あまりの野良猫が住んでいる。人口は15世帯20人余りで、原始林と素晴らしい自然景観は『屋根のない美術館』と呼ばれるほど」と伝えている。

しかし人口減少により「陸地と島を往来する旅客船が廃止の危機に瀕している」という。この島に暮らす50代のキム・サンヒョンさんは「島の住民らが神聖なものと考えていた原始林が外部の人に公開されたのは、わずか3年前に過ぎない。2016年に年配の住民らを説得し、約400年ぶりに初めて一般観光客の出入り許可をもらった」と説明し、「日本の青島のように猫好きの聖地にしたい」と話したという。

これを受け韓国のネット上には「いいね!」「韓国の猫たち、どこにいても元気で幸せに過ごしてね」「個体数の調整が上手くいくよう去勢・避妊手術を行い、しっかり管理できれば問題はないだろう」「『韓国にも造る』というより、『韓国にも猫島があった』だね」「猫たちの面倒を見ながら、地域経済も活性化したらいいね」など歓迎ムードが漂っている。

ただし「だからって、島が猫を捨てやすいと勘違いしないでほしい。外部からのペットの持ち込みはある程度制限してほしい」「目的はいいけど、猫を遺棄したり餌に毒を盛る人が出てくるかもしれない。防犯カメラの設置など、安全も考えてつくってほしい」と警鐘を鳴らすコメントも。さらに、記事に掲載された完成イメージ写真にあるモニュメントを挙げて「モニュメント必要?それより猫が休める場所をつくって。SNS映えが目的?」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国、食用犬をめぐり動物愛護団体と犬農場経営者が同時に集会=韓国ネット「法で禁じる必要がある?」「むしろ管理を徹底すべき」

7日、韓国・ニュース1によると、犬猫の屠殺をめぐり、動物愛護団体による反対集会と、犬農場経営者らによる賛成集会が、同時に韓国大統領府前で開かれた。写真は犬肉を販売する韓国の市場。

Record china
2018年8月9日 10時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング