ダンクは3ポイント、ラスト3秒は大逆転タイム!北朝鮮の不思議なバスケルール―中国メディア

Record China    2013年3月6日(水) 12時34分

拡大

4日、中国新聞網は記事「メディアが暴露した北朝鮮バスケの特殊ルール=フリースロー失敗で減点、ラスト3秒でのゴールは8点とカウント」を掲載した。写真は2010年、広州アジア大会。男子バスケ、北朝鮮対中国の一戦。

(1 / 8 枚)

2013年3月4日、中国新聞網は記事「メディアが暴露した北朝鮮バスケの特殊ルール=フリースロー失敗で減点、ラスト3秒でのゴールは8点とカウント」を掲載した。

その他の写真

NBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏がバスケットボールチームを率いて北朝鮮を訪問した。金正恩書記はロッドマン氏と並んで試合を観戦。これを期に北朝鮮にはバスケブームが到来したという。

だが、北朝鮮のバスケットボール・ルールは他国のそれとはだいぶ違うようだ。台湾・今日新聞網によると、北朝鮮ではフリースローに失敗すると自チームの得点が減点されてしまうという。さらにダンクを決めると2点ではなく3点が加点されるほか、3ポイントシュートがボードやリングに当たらず直接ネットに入ると4点になるというルールもある。

また試合の最後まで緊張感を楽しめるようにということか、ラスト3秒でのゴールはなんと8点になるという大盤振る舞い。大逆転劇が連発されるルールが用意されている。(翻訳・編集/KT)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携