「世界初」は渡さない!韓国が急きょ5Gサービスを開始=韓国ネット「誇らしい快挙」「1位がそんなに大事?」

Record China    2019年4月4日(木) 16時10分

拡大

4日、韓国メディア・日刊スポーツなどは「韓国が米国より2時間早く『世界初の5G移動通信の商用化』を発表した」と報じた。資料写真。

2019年4月4日、韓国メディアの日刊スポーツなどは「韓国が米国より2時間早く『世界初の5G移動通信の商用化』を発表した」と報じた。

記事によると、韓国の通信大手3社は3日午後11時、当初は5日に予定されていたスマートフォン向け5Gサービスを開始した(一部の芸能人限定)。急きょ前倒しされた理由は、米国の通信大手ベライゾンが11日に予定していた「5Gサービスの商用化」を4日午前1時に変更し、「世界初」の座が奪われそうになったためだという。韓国の政府と通信社は「端末機や料金制などが準備されているため、早期の商用化が可能」と判断した。一般向けサービスは予定どおり5日に開始する。

これに、韓国のネットユーザーからは「すごい。韓国が世界初!子どもたちの技術の教科書に載るだろうな」「世界初には大きな意味がある。PRする時も大きな強みになる」「ITの世界初が持つ意味は他の分野より大きい。誇らしい快挙だ」「これからもずっとインターネット強国の座を守り抜いてほしい」など喜ぶ声が上がっている。

一方で「1位でなければ価値がないの?」「情けない。当初の予定どおりでいいのに。前倒しになったことで職員たちは死に物狂いで働かされただろう。そしてその費用は顧客に負担させるんでしょ?」「世界初に命を懸けて世界の笑い者にならないように…」「どの国が世界初かなんて誰も気にしていないよ」など冷ややかな反応も。また「5Gになったら何が良くなる?LINEのメッセージの送受信が0.1秒速くなる?」「そのうち5G加入者を確保するために4Gの速度を遅らせるんだろうな」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携