警戒!日本政府はついにこの一歩を踏み出した―中国メディア

配信日時:2019年4月5日(金) 0時40分
警戒!日本政府はついにこの一歩を踏み出した―中国メディア
画像ID  1080767
2日、中国経済網は、「日本政府がついにこの一歩を踏み出した」と題し、日本政府がシナイ半島への自衛隊派遣を決定したことを報じた。写真は国会。
2019年4月2日、中国経済網は、「日本政府がついにこの一歩を踏み出した」と題し、日本政府がシナイ半島への自衛隊派遣を決定したことを報じた。

記事は、日本政府が2日に閣議でエジプト・シナイ半島への「多国籍軍・監視団(MFO)」司令部に2人の自衛隊幹部隊員を派遣することを決定したと紹介。主な任務はイスラエルとエジプト両軍の停戦監視活動で、4月19日から11月30日まで派遣されるとした。

そして、今回閣議決定した活動は、2015年の新たな安全保障関連法の成立以降、初めて「国際連携平和安全活動」を適用する活動になると説明。従来の国連平和維持活動(PKO)とは異なり、「国際連係平和安全活動」は国連が統括していない任務であることから、「日本政府にますますきわどい行動を起こさせるチャンスをもたらす」と評している。

また、日本メディアの報道として、自衛隊が昨年1年間だけで16回日米合同訓練に参加し、米軍の艦艇や飛行機への給油における後方支援を行ったこと、海外に滞在する日本人を有事の際に救出すべく、自衛隊が米軍のCV-22オスプレイ導入を検討していることを伝えた。

そのうえで「これらの行為に対して、他国が道義上の非難を行うことは難しい。しかし、日本はこのチャンスを利用して軍事活動の範囲を拡大しているのは、争い難い事実である」と主張した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2019/04/07 18:38)

    これを核保有国で軍事大国の中国が言いますか。自分たちは武力で軍事活動の拠点を好きなだけ広げているのを棚に上げて。核も持たず軍隊でもない自衛隊員2人がちょこっと現地見に行くだけで。何をそんなに恐れてるのかね。自分たちが好き勝手できなくなるのがそんなに嫌なのかね。まあ、そりゃそうだろうけど。大丈夫、日本がそうできるようになるにはもう少し時間がかかりますから。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事