【募集中】韓国語社内スタッフ

日本のシェア傘の返却率は100%!?世界で「論争」に=中国ネットからは疑問の声も

配信日時:2019年4月4日(木) 14時10分
日本のシェア傘の返却率は100%!?=中国ネットからは疑問の声も
画像ID  1080609
中国メディアの中国新聞網は3日、「日本のシェア傘の返却率が100%と伝えられ、ネット上で議論が巻き起こっている」と伝えた。資料写真。
中国メディアの中国新聞網は3日、「日本のシェア傘の返却率が100%と伝えられ、ネット上で議論が巻き起こっている」と伝えた。

近年、シェアリングエコノミーが流行する中で、注目が集まっているのが株式会社Nature Innovation Groupが行う傘のシェアリングサービス「アイカサ」だ。同サービスは、QRコードを読み取ることで解錠番号を取得、返却時にもQRコードで処理を行う。料金は1日70円で、返却しない場合は70円ずつ加算されるが、1カ月の上限は420円になっているという。シェアスポットは渋谷を中心に約100カ所設置されているそうだ。

記事はこのサービスを紹介した上で、「同社がアイカサの返却率は今のところ100%としていることが、世界中のネットユーザーの間で『不思議』と論争の的になっている」と伝え、「日本人のモラルは素晴らしい」という声がある一方、「(日本で傘は)200円で買える。誰も使わないのでは?」といった声が上がっていることを紹介した。

なお、この件は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で新浪など複数のアカウントが伝えており、中国人からは「日本人の民度は高いと言わざるを得ない」「彼らの素養は素晴らしい」といった声や「このニュースは遠回しに中国人を皮肉っているのか」「日本の当たり前が世界ではニュースになる」といった声が寄せられている。

一方で、「去年、日本の傘の返却率が低いというニュースを見たのだけど。1年で人が変わったのかな」という声も。これは、愛知県の名古屋市地下鉄で貸し出された傘12万本が戻ってこなかったことや、北海道函館市で行われていた傘の貸出サービスが、傘が返却されないために廃止になったことを指しているようだ。上記はいずれも無料のサービスだったことから、「お金がかかるとなれば返すんだよ」という声も見られた。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2019/04/04 14:58)

    >お金がかかるとなれば返すんだよ  まぁ納得できる。 日本人のモラルも、薄氷の上のバランスだよね。 (バランスをとろうともしない某国のようにはなりたくないがw でも、中国のシェア自転車も有料だろうに、何万台も廃棄されてるのはなぜだろうね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事