中国のファンの心配は無用だった?コナンが「令和のシャーロック・ホームズ」宣言

配信日時:2019年4月3日(水) 21時50分
中国ファンの心配は無用?コナンが「令和のシャーロック・ホームズ」
画像ID  1080562
日本の新元号が「令和」に決まったことを受け、中国版ツイッターのウェイボーでは、「工藤新一に残された時間は多くない」というワードが大きな注目を集めていた。写真は中国語版の名探偵コナンの単行本。
日本の新元号が「令和」に決まったことを受け、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、「工藤新一に残された時間は多くない」というワードが大きな注目を集めた。

「工藤新一」は、日本の漫画「名探偵コナン」に登場する高校生探偵で、異名は「平成のシャーロック・ホームズ」。新元号は5月1日から施行されるため、あと1カ月ですべての事件を解決し完結するのか、それとも「令和のシャーロック・ホームズ」になるのか、「コナン」が大人気の中国でその動向に注目が集まっていた。

だがどうやら中国のファンの心配は無用だったようだ。

劇場版最新作「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」(4月12日公開)の監視披露試写会が2日、都内で開催され、主人公の江戸川コナンが、観客の前で「令和のシャーロック・ホームズになります」と宣言した。

ウェイボーでも、この「宣言」を紹介する投稿があり、中国のネットユーザーからは「公式発表来た」「変わり身早いな」「まだまだ続きそうで安心した」「次の元号でもまた会いましょう」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事