「令和」すでに中国で商標登録=中国ネット「事前に調べとかないと」「『脱中国』失敗」

配信日時:2019年4月3日(水) 18時40分
「令和」すでに中国で商標登録=中国ネット「事前に調べとかないと」
画像ID  1080529
3日、「平成」に代わる新しい元号の「令和」と同じ語句が、中国で昨年10月にアルコール類の商品名として商標登録されていたことが分かったとする日本メディアの報道が、中国でも注目を集めている。写真は新元号発表時の東京・新橋駅前。
2019年4月3日、「平成」に代わる新しい元号の「令和」と同じ語句が、中国で昨年10月にアルコール類の商品名として商標登録されていたことが分かったとする日本メディアの報道が、中国でも注目を集めている。

共同通信によると、「令和」は河北省の個人が日本酒やワイン、ウイスキーなどの商品名として2017年に商標登録を申請。昨年10月から28年10月までの商標権が認められているという。共同通信は「今回の『令和』の商標登録は偶然だが、新元号の発表を受け、中国で『令和』に関する商標登録の申請が相次ぐ可能性もある」と伝えている。

中国でも複数のメディアが、この共同通信の報道を引用する形で伝えており、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、「日本は『脱中国』したかったようだけど、世の中そんなに甘くない。やはり離れられなかったね」「改元の際には事前に中国の商標を調べとかないと」「中国では常に誰かが商標抜け駆け出願を狙ってる」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事