日本の高校サッカー大会に中国が震撼!=「なぜ心動かされるのか」「日本は必ず世界の強豪国になる」

配信日時:2019年4月3日(水) 17時20分
日本の高校サッカー大会に中国震撼!「日本は必ずや世界の強豪国に」
画像ID  1080476
中国メディアの澎湃新聞は2日、中国版ツイッター・微博のアカウントで「日本の高校サッカー大会に震撼(しんかん)」と題し動画を投稿した。資料写真。
中国メディアの澎湃新聞は2日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントで「日本の高校サッカー大会に震撼(しんかん)」と題し動画を投稿した。

動画は、第97回全国高校サッカー選手権大会を紹介するもので、大会の関係者らが「出場選手は大きな夢を持ってこの大会に臨んでいる」「歴史と伝統のある大会で、ユース年代の憧れの舞台」「決勝戦では5万人ぐらいの観客が入る大会。全国で生中継されるので、1000万人以上が見ていると思う」などと説明する様子が映っている。

また、同大会の準決勝で青森山田に敗れた尚志(福島)の仲村浩二監督が、「尚志はファミリーという言い方をしている。サッカーだけじゃなく、学業もしっかりやって、仲間意識をもって、しっかりした人間性を持ってやりたい」「(敗戦後)選手の中にはこれでサッカーをやめる者もいるので、悔しくて泣いている選手がほとんどだった。優勝して終わりたかったがここまで来たので、みんなで笑って出ようと励ました」と語る様子が映っている。

同大会は高校生の大会としては世界的にも珍しいほど大規模。近年、サッカー熱が高まっている中国では、こうした「学生サッカー」に日本サッカーの強さの秘密を求める声も上がっている。澎湃新聞は「日本サッカーのストーリーにはいつも奮い立たされ、深く考えさせられる。日本ではなぜ、高校サッカーの大会が国のサッカーに影響を及ぼすのか、なぜすべての人の心を動かすのか」とツイートしている。

これについて、中国のネットユーザーが寄せたコメントの中で共感度が高いトップ3は順に、「恐れ入る。確かにアジアの光だ。プレースタイルもフェア。韓国とは違う」「日本は将来的に、必ず世界の強豪国になると信じている」「日本が長年、ワールドカップに出場しているのもうなずける。夢があり、基礎があり、環境がある。われわれのリーグはどうだ?。ひいきあり、八百長あり、カネにまみれた選手あり」となっている。

このほか、「日本人がサッカーをする理由は夢や栄誉。中国人がサッカーをする理由はカネ」「理由なく強くなることはない。そして、理由なく落ちぶれることもない」「俺たちが学校で備える戦いは、(サッカーではなく)小学校受験、中学校受験、高校受験」「中国サッカーは社会の縮図。常に混沌(こんとん)として方向性がなく、未来もない」など、日本と比較して自国を卑下する声が多数寄せられている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事