マハティール首相「中国は今や誰も見下せない豊かな国」―中国紙

配信日時:2019年4月4日(木) 7時30分
マハティール首相「中国は今や誰も見下せない豊かな国」―中国紙
画像ID  1080466
2日、マレーシアのマハティール首相はこのほど、「中国は今や誰も見下せない豊かな国だ」とし、「マレーシア人は中国人の勤勉さを見習うべきだ」と呼び掛けた。写真は同首相。
2019年4月2日、中国紙・環球時報は、マレーシアのマハティール首相がこのほど、「中国は今や誰も見下せない豊かな国だ」とし、「マレーシア人は中国人の勤勉さを見習うべきだ」と呼び掛けたと報じた。

記事によると、マハティール首相は1日、「アジアの虎決起大会」の閉会式で、「マレーシア人は、わずか数十年のうちに科学技術水準を世界最先端レベルまで上昇させた中国人の勤勉さを見習うべきだ」と述べた。

同首相は、中国は新技術の面でマレーシアをはるかに上回っているとし、「中国は生産能力が非常に乏しい発展途上国であったことを忘れてはいけない。だが彼らはとても勤勉かつ好学であり、国を発展させる意欲に富み、政府の許可が下りるとすぐにすべての新技術を習得する」とした。

また、中国の宇宙開発や軍事面での発展にも言及し、「彼らは衛星を月に送ることができる。彼らの戦闘機は完璧な編隊で飛行し、彼らは戦闘機を作ることもできる」とした。

さらに、「彼らは以前、私たちの後ろにいた。だが今は私たちの前にいる」とし、「中国は今や誰も見下せない豊かな国だ。その理由は、彼らの目標達成に向けた努力にある。中国を追いかければ、私たちも同じことができるだろう」と述べたという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Tom***** | (2019/04/04 10:59)

    マハティールは反欧米・反ユダヤの大アジア主義者だから驚かない。かつては日本にアジアの盟主を期待していたけど、アメリカと距離を置かず経済的にも没落した日本を見限って、中国に乗り換えたのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事