「F-35と相対してもわがJ-20が優勢」と中国専門家―中国メディア

配信日時:2019年4月4日(木) 0時20分
「F-35と相対してもわがJ-20が優勢」と中国専門家
画像ID  1080449
3日、人民網は、日本や韓国がF-35戦闘機の配備を続々と進めているのに対し、中国の専門家がJ-20戦闘機の優位は変わらないとの見解を示したと報じた。写真はJ-20。
2019年4月3日、人民網は、日本や韓国がF-35戦闘機の配備を続々と進めているのに対し、中国の専門家がJ-20戦闘機の優位は変わらないとの見解を示したと報じた。

記事は、「近ごろ米国のF-35戦闘機が頻繁に東アジアで出現している」としたうえで、3月29日には2機のF-35戦闘機が韓国・清州空軍基地に到着し、韓国が第5世代ステルス戦闘機保有国の「仲間入り」をしたと紹介。また、日本の航空自衛隊も26日に青森県の三沢基地で、F-35を10機配備する第302飛行隊を結成し、日本が今後空母の艦載機となりうるF-35Bを含むF-35戦闘機140機前後を導入予定だと伝えている。

中国の軍事専門家の曹衛東(ツァオ・ウェイドン)氏は、F-35とそのライバルと目される中国のJ-20戦闘機との違いについて「J-20は重型戦闘機でF-35は中型戦闘機。F-35のほうが滞空時間が短いうえ、弾倉も小さく搭載できるミサイルの数も少ない。また、対地攻撃を想定したF-35に対し、J-20は空中戦に重きが置かれており、空中での接近戦ではF-35に勝る機動性を発揮する。総じて、J-20のほうが上だ」と解説した。

また、東アジアにおいてF-35が大量に配備されつつあることについては「日本にとってステルス戦闘機であるF-35の配備は制海権、制空権を奪取するうえで役立つと同時に、東アジア各国での新たな軍備競争を引き起こす。わが国はこの状況に対応し、既存のJ-20や開発の潜在力を秘めたJ-31を含むステルス戦闘機の研究開発とともに、ステルス戦闘機を探査可能なレーダーと相応のミサイルの研究製造に一層力を入れることが必要だ」との見解を示したという。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本が***** | (2019/04/04 03:56)

    「総じて、J-20のほうが上だ!」と言っておきながら「既存のJ-20や開発の潜在力を秘めたJ-31を含むステルス戦闘機の研究開発とともに、ステルス戦闘機を探査可能なレーダーと相応のミサイルの研究製造に一層力を入れることが必要だ」・・・ビビってるじゃねえか(笑)。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事