【募集中】韓国語社内スタッフ

スウェーデンの「中国侮辱」番組の司会者が降板―中国メディア

配信日時:2019年4月3日(水) 11時40分
スウェーデンの「中国侮辱」番組の司会者が降板―中国メディア
画像ID  1080446
2日、昨年9月、「中国および中国人を悪意をもって侮辱し、批判した」などとして物議を醸したスウェーデン・テレビ(SVT)の娯楽番組「スウェーデン・ニュース」の司会者でコメディアンのイエスペル・ロンダール氏が、同番組を降板することが明らかになった。
2019年4月2日、中国メディアの環球網や米華字メディアの多維新聞によると、スウェーデン・テレビ(SVT)の娯楽番組「スウェーデン・ニュース」の司会者でコメディアンのイエスペル・ロンダール氏が、同番組を降板することが明らかになった。同氏は、「私はコメディアンであり、政治に対する正しい知識を持っていない」などと述べたという。

同氏で思い出されるのは、昨年の「中国侮辱」騒動だ。スウェーデン・ニュースは昨年9月21日の放送で、同月初めにストックホルムを訪れた中国人旅行客がスウェーデン警察に粗暴な扱いを受けたなどと訴え、両国の外交問題に発展した騒動を取り上げ、ロンダール氏が中国および中国人をやゆするような発言を行った。また同番組では台湾とチベット自治区の一部が含まれていない中国地図が使われていた。

これを受け、中国人や現地の中国系市民から批判の声が上がり、中国外交部は同25日、「SVTの行為は人種差別や偏見、挑発に満ちている」と強く非難し、謝罪を求めるなどの騒動に発展。ロンダール氏は同28日の番組内で、「文化に対する敏感さに欠けていたことを申し訳なく思う」としたものの、「言論の自由を尊重しない中国当局には謝罪しない」と述べていた。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事