サムスンが中国での折り畳みスマホ発表会を突如延期、レビュー機の不具合と関係があるのか―中国メディア

Record China    2019年4月22日(月) 15時40分

拡大

21日、中国メディアの観察者網によると、サムスンが中国での折り畳みスマホ発表会を突然延期した。写真は中国のサムスンストア。

2019年4月21日、中国メディアの観察者網によると、サムスンが中国での折り畳みスマホ発表会を突然延期した。

記事によると、サムスン広報担当者は「サムスンは折り畳みスマートフォン『Galaxy Fold』の中国での発表会を中止する」と発表。原因は会場の問題だといい、いつ発表会を開くかは改めて発表するという。

サムスンは、24日に上海で折り畳みスマホの発表会を行い、26日に正式発売する予定だった。「Galaxy Fold」はすでにニューヨークで発表しているが、中国で改めて新製品を発表するのがサムスンのこれまでの手法だという。

これに先立ち、サムスンが少量の「Galaxy Fold」レビュー機をメディアに配布していたが、複数のレビュアーが、1~2日後にディスプレイが破損する、画面が黒くなる、点滅するなどの不具合を報告した。

レビュアーのマーク・グルマン氏は、「たった2日で壊れて使えなくなった」とSNS上で紹介。サムスン側は、グルマン氏がディスプレイの保護シートを取り除いたためだと説明しているが、グルマン氏は、保護シートは簡単に取れてしまったと述べているという。また、保護シートを取り除かなくても、ディスプレイに同様の問題が発生したレビュアーもいるという。

サムスンは、原因について調査中としているが、同時に寄せられた問題の報告は少数であることを強調した。今回、中国での発表会の中止についてサムスン側は、会場側の要因としているが、折り畳みスマホの故障と関係があるかについては、今のところはっきりとは分かっていない。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携