新元号「令和」決定で工藤新一ピンチ!? 中国ネットでは「天皇が退位を決めたのはこれが理由」の声も

配信日時:2019年4月1日(月) 19時0分
中国版ツイッターで新元号「令和」より注目されている日本のワード
画像ID  1079993
日本の新元号が「令和」に決まったことを受け、中国版ツイッター・微博であるワードが大きな注目を集めている。写真は富山で配られた号外。
日本の新元号が「令和」に決まったことを受け、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)であるワードが大きな注目を集めている。

それは、「工藤新一に残された時間は多くない」だ。「工藤新一」は、日本の漫画「名探偵コナン」に登場する高校生探偵で、異名は「平成のシャーロック・ホームズ」。新元号は5月1日から施行されるため、あと1カ月ですべての事件を解決し完結するのか、それとも「令和のシャーロック・ホームズ」になるのか、「コナン」が大人気の中国でその動向に注目が集まっているようだ。

中国のネットユーザーからは「さあ、どうする!?」「まさかコナンが2つの元号にまたがるとは」「コナンが完結するのを見たくないよ…」「『2つの時代をまたにかけるホームズ』とか?」「『令和のシャーロック・ホームズ』でいいじゃん。はははは」「いっそ、工藤新二にしちゃうとか」「天皇はコナンがなかなか完結しないから退位を決めたんだろう」「漫画の設定は2000年前後だから、平成のままでいいんじゃないの?」といったコメントが寄せられている。

なお、同作に工藤新一のライバルとして登場する「怪盗キッド」の異名(平成のアルセーヌ・ルパン)にも「平成」が付くため、エンタメ系メディア・新浪娯楽は「君と君のライバルはもうすぐ『平成の~』ではいられなくなる」と微博アカウントでツイートしている。

微博の検索キーワードランキングでは1日午後3時現在、「工藤新一に残された時間は多くない」が、9位の「日本の新元号は令和」を上回る5位にランクインしている。(北田
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事