上海で5G通話が開通、中国初の5G実験都市に―中国メディア

人民網日本語版    2019年4月3日(水) 1時50分

拡大

初の行政区域単位の5Gネットワークが上海で完成し、実験が始まった。写真は上海。

初の行政区域単位の5Gネットワークが上海市で完成し、実験が始まった。3月30日午後には「ダブルギガバイト第一エリア」開通式が上海市虹口区で行われ、初めての5G対応携帯電話による通話が開通した。これにより上海は中国全土初の中国移動(チャイナ・モバイル)の5G実験都市になった。

現在、同区ではすでに5G基地局が228カ所建設され、ギガバイト級の固定ブロードバンドネットワークと5Gネットワークがエリア全体をカバーし、固定ブロードバンドとモバイル通信と2つのギガバイト級のネットワークが構築された初のエリアになった。上海は今年、次世代情報インフラのコア能力の構築を強化し、5Gが持つネットワークによる支援や応用による能力付与といった役割を十分に発揮し、5Gネットワーク構築の先行エリア、イノベーション応用モデルエリアと産業集積エリアを構築する。年内には、1万カ所を超える5G基地局を完成し、いくつかの5G建設応用モデルエリアと応用研究開発委イノベーション拠点の建設をスタートし、5G応用モデル展示ホールを建設する予定だ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携