Record China

ヘッドライン:

新元号の6つの原案判明、半数の典拠が中国の古典―中国メディア

配信日時:2019年4月2日(火) 23時0分
拡大
2日、中国青年網は、日本の新元号の候補名の6つの原案が判明し、その半数の典拠が中国の古典であることが分かったと報じた。写真は皇居。

2019年4月2日、中国青年網は、日本の新元号の候補名の6つの原案が判明し、その半数の典拠が中国の古典であることが分かったと報じた。

記事はまず、菅義偉官房長官が1日の記者会見で新元号「令和」を発表した際、「新元号として決定されたもの以外の案についてはその数も含めてお答えは差し控えたい」と発言していたにもかかわらず、翌朝には日本メディアが「令和」以外の元号候補だった5案を明らかにしたと報じた。

そして、日本メディアによると、政府が有識者による「元号に関する懇談会」などに提示した原案は、「令和」のほか、「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」の全6案であること、6案の典拠は国書(日本古典)と漢籍が三つずつで、国書は「令和」の万葉集に加え、日本書紀、古事記だったこと、「広至」は国書に加え、中国古典の「詩経」にも由来すること、万和は中国古典の「文選(もんぜん)」、万保も中国古典に由来する案だったことを紹介した。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の新元号、初めて中国古典以外から=中国共産党系紙編集長「あれこれ言わず、良い時代の到来望む」

1日、中国紙・環球時報の胡錫進編集長は、「令和」が中国の古典以外から引用された初めての元号となることについて、「中国人はあれこれ言う必要はない。私は日本が良い時代を迎えることをとても望んでいる」と述べた。写真は新元号の新聞号外。

Record China
2019年4月2日 12時50分
続きを読む

ランキング