「一帯一路」参加は英国にとって脅威ではなくチャンス―英経済評論家

配信日時:2019年4月3日(水) 22時20分
「一帯一路」参加は英国にとって脅威ではなくチャンス―英経済評論家
画像ID  1079863
1日、英紙デイリー・テレグラフはこのほど、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」への参加について「英国にとって脅威ではなくチャンス」とする英国の経済評論家ジェレミー・ワーナー氏の論評を掲載した。写真は英国。
2019年4月1日、中国紙・環球時報によると、英紙デイリー・テレグラフは3月31日、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」への参加について「英国にとって脅威ではなくチャンス」とする英国の経済評論家ジェレミー・ワーナー氏の論評を掲載した。

それによると、論評はまず、イタリアが先日、「一帯一路」に関する覚書に署名したことを取り上げ、「英国は、欧州連合(EU)の統一行動を模索するのではなく、イタリアのように単独で行動すべきだ」とした。

そして、「いかなる状況においても、英国と中国との関係を決めるのは、英国政府であるべきで、EUや『一帯一路』を公に批判する米国ではない。EUと同じように米国も、英国が意向に従うよう求めている。英国は両者に対して丁寧に『立ち去れ』と言うべきだ」とした。

さらに、「欧州ではイタリアのほかに、ルクセンブルクやポーランド、ギリシャ、ハンガリー、ポルトガルなどが『一帯一路』に参加している」とし、「『一帯一路』は、中国が自国の国際的な立場を強化するための取り組みであることは確かだ。だがそうであっても、その概念には原則として何の問題もない」「西側基準の商業的実行可能性や透明性、競争入札および中国市場への相互アクセスが適用される限り、中国を締め出す理由はない」「『一帯一路』は国際的な資金調達を必要としている。これはロンドンとロンドンの金融街にとって巨大なチャンスだ」「英国は、米国や欧州、中国という世界の三つの大きな貿易圏を行き来することを学ばなければならない。『一帯一路』の究極の目標がその声明の通りに『共同繁栄』にあるのなら、好ましくないことなどないじゃないか」などと論じているという。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事