桜と和服が浮き彫りにする日中関係の課題とは?―華字メディア

配信日時:2019年4月6日(土) 8時40分
桜と和服が浮き彫りにする日中関係の課題とは?―華字メディア
画像ID  1079785
3日、日本新華僑報網は、「桜と和服を見た時、愛憎入り混じった感情を持つ中国人がいる」と指摘した文章を掲載した。
2019年4月3日、華字メディアの日本新華僑報網は、先月、武漢大学(湖北省武漢市)で起きたトラブルについて、北京大学国際関係学院教授の梁云祥(リアン・ユンシアン)氏の「桜と和服を見た時、日本を強くイメージするあまり、愛憎入り混じった感情を持ってしまう中国人がいる」と指摘した文章を掲載した。

3月24日、桜の名所として知られる武漢大学(湖北省武漢市)で男性2人が和服のような格好で花見をしようとして、警備員に取り押さえられるトラブルが発生した。10年前の2009年3月21日にも、同様に武漢大学の桜を楽しんでいた浴衣姿の母娘へ、見物客から罵詈(ばり)雑言が浴びせられる騒ぎが起きた。

武漢大学の桜並木は、1930年代に同大学を占領した旧日本軍が植えたのが始まりで、日中国交正常化以降の1973年、日本から周恩来首相に送られた桜のうちの数十株が武漢大学に植えられ、さらに1980年代から90年代にも日本から桜が寄贈されたという。梁氏は「日本文化を象徴するアイコンである桜と和服がそろうと、日本を強くイメージするあまり、排斥しようとする中国人がいる。武漢大学もその事を予想して、17年前に禁止規定を作ったのだろう」と指摘した。

梁氏はさらに「桜と和服はきれいだが、中国社会は少しでも日本と関係がある事柄に敏感に反応し、感情がもつれてしまう。『愛憎入り混じる』とも言える。中国人は公の場では日本を好きだとは言わないが、昨年だけでも800万人以上の中国人観光客が日本を訪れた。桜と和服を見た中国人は、自然や文化の美を感じながらも、過去の苦い記憶も忘れることができない。桜と和服が悪いのではない。それを見た時の人々の感情といかに向き合うかに問題がある」と述べた。

梁氏は「道徳に反したりしていなければ、何を着ても個人の自由だし、和服を着て桜を見るだけで悪口を言われたり、暴力的な衝突が起こるのは、ばかばかしくて情けなく思う。だが、このトラブルから日中両国関係の改善をさまたげる一部の国民の心理的な対立が見えた。戦後70年以上たった今、交流や協力を通じて両国民の心理的な対立をどうやって乗り越えるかが、日中両国政府や国民が向き合わねばならない今後の課題だ」と述べた。(翻訳・編集/原邦之)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事