ロシアが最新Su-57戦闘機を中国に売却の意向か=ステルス性に難あるも「動力回り」ではJ-20を圧倒

配信日時:2019年4月1日(月) 13時40分
ロシアSu-57を中国に売却意向か=機動性ではJ-20を圧倒
画像ID  1079772
中国メディアの新浪網は、ロシアが最新鋭Su-57戦闘機の中国への輸出を目指すとして、Su-57と中国最新鋭のJ-20(殲-20)戦闘機を比較する記事を掲載した。写真は中国がJ-20搭載を念頭に中国が開発を進めているWS-15エンジン。
中国メディアの新浪網は3月31日付で、ロシアのSu-57戦闘機に輸出の許可がおり、相手国として特に念頭に置かれているのは中国として、Su-57と中国最新鋭のJ-20(殲-20)戦闘機を比較する記事を掲載した。

ロシアの航空機製造業界は、2006年のプーチン大統領による業界再編成により、国策会社である統一航空機製造(UAC)の傘下に、スホーイ、ミグ、イリューシン、ツポレフなど主要航空メーカーを組み込んだ体制になった。新浪網によると、UACはすでに、Su-57の輸出許可を取得した。

Su-57の売り込み先としては、相手国の国情を勘案して対象を絞ることになるが、すでにSu-30を輸出していることが重要な条件という。その場合、売り込み先と考えられるのはSu-30を100機購入した中国と、270機購入のインドということになる。

しかしインドは客観的に見て、海空軍の装備を広い範囲にわたって更新する必要があり、Su-57が1機当たり1億5000万ドル(約166億円)と高価で、購入後の整備や部品交換の費用も高額であることを考えると、Su-57を購入する可能性は低いという。つまり、ロシアが力を入れるべき売り込み先は中国ということになる。

記事は、Su-57の問題点としてステルス性が低いと指摘。ステルス性能を示す重要な指標であるレーダー反射面積(RCS)について、Su-57は0.5平方メートルとされる。RCSとは、実際には複雑な形をしているレーダー探知の対象物を完全導体で作られた球で置き換え、その断面積でレーダー波の反射を示す数値で、数値が小さいほどレーダー波を反射しないことを示す。米国のF-22戦闘機のRCSは0.001-0.01平方メートル程度と推定されている。つまりSu-57はF-22よりも50~500倍も探知されやすいことになる。

J-20についてもRCSは公表されていないが、記事はJ-20の形状などから、RCSがSu-57より大きいことはあり得ない、つまりJ-20のステルス性はSu-57より優れていると断定した。

記事は一方で、Su-57が備える推力偏向を高く評価。推力偏向とは、ジェットエンジンの噴流の向きをノズルで変化させることで、航空機の機動性が向上する。記事は、Su-57の機動性はJ-20に勝り、特に低速飛行時と超音速飛行時にはとりわけ優秀と評した。

また、J-20が搭載するエンジンそのものにも注目。現在、訓練飛行を行うJ-20が搭載しているのはロシア製のAL-31FNエンジンで、中国空軍は中国製のWS-10G(渦扇-10 G)への換装を急いでいる。換装すれば超音速での巡行距離は延長できるが、機動性においては依然としてSu-57に対抗することは不能と論じた。なお中国は、J-20での搭載を念頭に、新しいWS-15エンジンの開発を進めている。

さらに記事は、Su-57とJ-20の使用目的がそもそも異なり、必然的に設計思想も異なると指摘。Su-57はF-22など西側のステルス戦闘機を探知し撃滅するすることを目的にしているのに対し、J-20は米国の、特にF-35の一部タイプに近く、西太平洋地区の米軍基地や、超長距離タイプの空対空ミサイルを用いて早期警戒管制機や給油機など、「空中戦の要」となる航空機を撃破することを念頭に置いていると解説した。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/04/01 20:39)

    中国がロシア製の戦闘機を分解して技術を盗用しても、エンジンを国産出来ないことには輸出できないはずだ。J-20にしてもまだエンジンの量産が出来ないためロシアから輸入している状態である。戦闘機は機体よりエンジンの寿命が短いため、エンジン交換が出来ない戦闘機など〈張子の虎〉であろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事