【募集中】韓国語社内スタッフ

中国の親は、一生懸命お金を貯めて「ごみ」を子どもに買い与えている?―中国メディア

配信日時:2019年3月31日(日) 20時30分
中国の親は、お金を貯めて「ごみ」を子どもに買い与えている?
画像ID  1079579
29日、鳳凰網は、中国の不動産会社関係者が「中国の親は子どものために家を買ってやるが、これはわが子にごみを与えるようなものだ」と日本人に言われたというエピソードを披露したと報じた。資料写真。
2019年3月29日、鳳凰網は、中国の不動産会社関係者が「中国の親は子どものために家を買ってやるが、これはわが子にごみを与えるようなものだ」と日本人に言われたというエピソードを披露したと報じた。

記事は、ボアオ・アジアフォーラム内で開かれた「不動産市場30年の是々非々」というタイトルのサブフォーラムで遠大グループの張躍(ジャン・ヤオ)董事長が「地球上において、技術面で最も遅れているのが不動産だ。なぜなら、コンクリートと鉄筋を用いた建物は寿命が数十年しかないからだ」と語ったことを紹介した。

張氏は「コンクリートは再生不可能であるため、数十年後、現在の不動産ブームが過ぎてから50~60年後には、中国の都市周辺では建物のごみでいっぱいになる」と指摘。このことについて以前に日本人と話をした際、中国の親はわが子のためにお金を貯めて家を買ってあげるが、実際には「子どもの代にごみをあげているようなものだ」とからかわれた経験を明らかにした。

そのうえで張氏は、日本人の嘲笑に反発することなく「われわれは建築材料革命が必要だと思っている。重要なのはこのような意識を持つこと。人類のために、そして子孫のためにごみを蓄積するのではなく、財産を蓄積しなければならないのだ」とし、すでにコンクリートを使わないステンレス鋼材を建築材料とする取り組みが始まっていることを紹介した。

張氏はまた、不動産購入者に対して「ごみになるものではなく、次の世代に残せるものを買おう。ごみを買うのは、自分自身にとっても、地球にとっても良くないことだ」と呼び掛けた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2019/04/01 07:39)

    鉄筋コンクリート製の建物も、基準に則って設計施工すれば100年は持つと言われてる。 道路や下水道などのインフラも丁寧に作れば長持ちするよ。 丁寧に作ればね。 中国の問題点は、財産を作れる材料でゴミを作っている事だろう。 最近は、途上国にそのゴミの押し売りして、大金を巻き上げようとしている。 地球の未来の為にもやめさせないといけない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/03/31 21:59)

    コンクリートにしろステンレスにしろ、水分を吸収しないため住宅建材には適さない。室内に水分が溜まると病原菌が繁殖する危険があるからだ。費用は掛かるが木と土壁の家が一番であろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事