【募集中】韓国語社内スタッフ

高齢化で人材不足に悩む自衛隊―華字紙

配信日時:2019年3月31日(日) 7時20分
高齢化で人材不足に悩む自衛隊―華字紙
画像ID  1079395
27日、日本新華僑報は、「自衛隊に『高齢化』出現、人材不足に」と題する蒋豊編集長の記事を掲載した。写真は自衛官募集のポスター。
2019年3月27日、日本新華僑報は、「自衛隊に『高齢化』出現、人材不足に」と題する蒋豊(ジアン・フォン)同紙編集長の記事を掲載した。

記事はまず、日本の社会問題である少子高齢化の影響を自衛隊も受けていると指摘。「安倍晋三首相は軍事面で活発な動きを見せているが…」と法改正や米国からの兵器購入を挙げた上で、「自衛隊に現れた高齢化問題、人材不足は解決が難しい」と述べる。

記事は「17年の一般曹候補生の応募者は2万9151人だった。11年に5万人を突破したが、それ以降、低迷が続いている」などと続け、「ピラミッド型であるはずの年齢構造に転覆が起きた」と説明。1990年に31.8歳だった平均年齢が2011年には35.6歳に引き上がったことに触れ、「災難の上に災難」として、防衛大学校の18年度卒業生の任官拒否者が前年度比11人増の49人だったことに言及した。

そして、「自衛隊の人材不足解決に向け、防衛省は入隊年齢の上限を引き上げた」「注目に値するのは、防衛省が30年に女性自衛官の比率を9%にすることを目標に掲げた点だ。女性自衛官が働く場も広がっている」とし、最後に「元防衛副大臣の若宮健嗣衆院議員は『自衛隊の人材不足を解決するには無人化、ドローン化、人工知能化に向けて進まねばならない』との認識を示している」と伝えた。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/04/03 15:43)

    まあ、アメリカに倣って経済的徴兵制がもう既に始まってるからね。 そういう経済システムに組み込まれた「恣意的に作られた貧困層」からの徴兵が始まると、「衣食足りて礼節を知る」の言葉通りに、民度の低い軍隊が出来上がる。 民度の低い軍隊が、じゃあ平時の法から解放される戦地で何をやらかすかと言えば、身勝手な理由による強カンや略奪、殺人などだ。 これは日本だからという話ではなく、世界中のどんな軍隊でも起こりうる事だ。 まあ、世界中から軍隊なんてものが不要になればいいんだろうが、現実にはそういうわけにも行かない。 だから、軍事力は極力最低限で、人数も最低限の人員で組織するのが望ましい。その上で、国家間の諍いは出来る限り外交で決着を付けるべきだろう。 そう言えば「理想論だ」などと揶揄する声も必ず出てくるが、理想を目指さなければ人類に進歩はない。いつまでも殺しを是とする原始人でいたいというのなら話は別だが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事