Record China

ヘッドライン:

韓国T-50が中国のFC-1と受注争い、「性能ではわが方が圧倒的に有利」と中国メディア

配信日時:2019年3月30日(土) 0時20分
拡大
27日、新浪軍事は、韓国のT-50練習機と中国のFC-1戦闘機がマレーシアで受注争いを繰り広げていると報じた。写真はFC-1。

2019年3月27日、新浪軍事は、韓国のT-50練習機と中国のFC-1戦闘機がマレーシアで受注争いを繰り広げていると報じた。

記事は、現在FC-1とT-50に加えてインドの戦闘機がマレーシアでの受注争いに参加しているが、実質的にはスペックが低いインド機を除く中韓間の争いであると紹介した。

そのうえで、「スペックデータで見ると、重さ、最大推力、最高速度、航続距離、翼の距離など多くの部分でほぼ同じであり、マレーシアとしてはどちらを購入しても大差はないように見える」とした。

一方で、「性能指標を見るとFC-1が圧倒的に有利に立っている」と指摘。「FC-1は完全な空対空、空対地作戦能力を有しており、中距離空対空ミサイル、近距離赤外線ミサイル、対艦ミサイルを搭載可能なのに対し、T-50は赤外線ミサイルしか発射できない」と説明している。

また、FC-1には600ミリ径の大型レーダーが搭載される一方、T-50が搭載しているのは小型レーダーであるほか、FC-1には電子戦設備やミサイル警告設備などが備わっており、T-50に大きな差をつけていると伝えた。そして、「マレーシアは戦闘機を目的にしていれば、作戦能力で大きく劣るT-50を選ぶことは難しく、練習機を買うとしても値段が高く、ロシアやイタリアの練習機のほうがコストも低く寿命も長い」と論じた。

記事は「単純にテクニカルの面で言えば、FC-1を買うのがマレーシアにとってベストチョイスだ。ただ、武器の購入はとても複雑なプロセスであり、最終的にどうなるかは予測が難しい」と結んでいる。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国メディアが「恨み節」=今もプロペラ機を使用のアルゼンチン空軍、中国ジェット戦闘機「梟龍」を買わずフランスの中古機を購入

中国メディアの新浪網は19日、「アルゼンチン空軍はプロペラ機をまだ使っている。梟龍を買うのをやめて中古戦闘機を購入」と題する論説を発表した。「梟龍」は中国が輸出を念頭にパキスタンと共同開発したFC-1戦闘機の愛称。写真は梟龍。

Record China
2018年9月20日 0時20分
続きを読む

ランキング