Record China

ヘッドライン:

元「BIGBANG」V.Iの台湾人事業パートナー「リン夫人」の資金力が話題、ソウルに豪華物件も

配信日時:2019年3月29日(金) 18時0分
拡大
28日、性接待あっせん疑惑が報じられるBIGBANGの元メンバー、V.I(スンリ)のビジネスパートナーとされる台湾人女性「リン夫人」が、台湾でもクローズアップされ連日話題になっている。
(1/2枚)

2019年3月28日、性接待あっせん疑惑が報じられるBIGBANGの元メンバー、V.I(スンリ)のビジネスパートナーとされる台湾人女性「リン夫人」が、台湾でもクローズアップされ連日話題になっている。

その他の写真

性接待あっせん疑惑の被疑者となり立件され、芸能界引退を発表したV.Iだが、ビジネスパートナーとされる台湾人女性「リン夫人」の存在が浮上して注目の的に。V.Iが関わるクラブ「バーニングサン」の株式20%を保有し、同店で一晩に2億ウォン(約1900万円)を使って豪遊するという人物で、台湾の政府高官の夫人とも報じられているが、その素顔は謎に包まれている。

この「リン夫人」の潤沢な資金について台湾メディアが報じたところでは、「バーニングサン」の開店時、初期投資金額24億5000万ウォン(約2億4000万円)のうち、「リン夫人」が約4割の10億ウォン(約9700万円)を負担。さらに昨年8月にも7500万ウォン(約730万円)を追加しているという。

また昨年10月には、ロッテワールドタワー68階のレジデンスを240億ウォン(約23億円)で購入。これ以前にも、聖水洞(ソンスドン)にあり多くの芸能人が住むという「ギャラリアフォーレ」の一室を38億ウォン(約3億7000万円)で、龍山(ヨンサン)区の物件を約40億ウォン(約3億9000万円)で購入している。

性接待に始まり、警察との癒着や違法薬物、マネーロンダリングなど数々の疑惑が浮上して「スンリゲート事件」とも呼ばれ、追加報道が続いている今回の騒動。「リン夫人」はV.Iの疑惑が浮上した直後にソウルを離れ、現在は所在が不明と報じられている。(Mathilda

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

元「BIGBANG」V.Iの事業パートナー、1900万円で豪遊の「リン夫人」台湾セレブ女性が話題に

24日、性接待あっせん疑惑が報じられるBIGBANGの元メンバー、V.I(スンリ)と親しい関係にあるという台湾人女性のSNSアカウントがネットユーザーに発見され、V.Iをはじめ芸能人たちと写った数々の投稿写真がネット上で拡散されている。

Record China
2019年3月25日 11時0分
続きを読む

ランキング