Record China

ヘッドライン:

ロシアがマレーシアにSu-57戦闘機の売却を示唆、中国メディア「それでもわがFC-1が売れる可能性大」

配信日時:2019年4月1日(月) 7時0分
拡大
マレーシアに対して、ロシア関係者は、最新のSu-57ステルス戦闘機を売却する意向を示唆した。中国メディアの新浪網は中国とパキスタンが共同開発したFC-1(写真)の方が、対マレーシア輸出の可能性があると論じた。

マレーシア・ランカウイ島で30日まで開催されている航空ショーのLIMA2019で、ロシア航空機メーカーのUAC関係者がマレーシア側に対して、最新のSu-57ステルス戦闘機を売却する意向を示唆したという。中国メディアの新浪網は2019年3月28日付の記事で同件を紹介し、中国とパキスタンが共同開発したFC-1の方が、対マレーシア輸出の可能性があると論じた。

記事によると、LIMA2019は各国関係者のマレーシアに対する戦闘機売り込みの場になった。インドは軽戦闘機のデジャスを初めて海外出展した。韓国はT-50練習機と同機の軽攻撃機使用のFA-50を出展。パキスタンはこれまで同様、中国と共同開発したFC-1を出展した。

ロシアは、マレーシアがすでに採用しているSu-30SMの代替機としてSu-35やMiG-35を売り込んだ。ところが、ロシアのUAC関係者は「われわれの主力新製品は第5世代戦闘機(Su-57)だ。今のところ外国のユーザーには売っていないが、売れる日がくることを期待している」と述べたという。

マレーシア空軍は、米国製戦闘機とロシア製戦闘機を並行して輸入していることで有名だ。一方の陣営に全面的に依存することにより政治方針を拘束されることを嫌う配慮とされている。ロシア製戦闘機としては、MiG-29も採用したが、新浪網記事は、同機に対しては不満も大きいと論じた。

さらに、マレーシアが求めているのは軽戦闘機であり、Su-57のような第5世代ステルス戦闘機を購入する財政の余裕もないとし、MiG-29の代替機としてFC-1の輸出には大いに期待が持てると主張している。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング