論文不正が報じられた京大教授、四川大地震では現地調査も―中国紙

配信日時:2019年3月28日(木) 12時0分
論文不正が報じられた京大教授、四川大地震では現地調査も―中国紙
画像ID  1078967
27日、新京報は、日本で中国出身の教授による論文不正が報じられた問題を取り上げた。資料写真。
2019年3月27日、新京報は、日本で中国出身の教授による論文不正が報じられた問題を取り上げた。

記事は日本メディアの報道として、京都大学が林愛明教授の熊本地震に関する論文に改ざん、盗用などがあったと表明し、その撤回を勧告したことを説明。「17年8月に論文に多くのミスがあることが指摘され、大学側が調査を始めた」とも伝えた。

記事によると、林教授は1982年に南京大学の地質学部を卒業。その後、東京大学大学院に進んだ。四川大地震(2008年)発生後に現地調査を行い、その研究成果は中国の大学の評価を得ている。香港大学、浙江大学との学術交流も行っているという。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/28 15:03)

    >四川大地震(2008年)発生後に現地調査を行い、その研究成果は中国の大学の評価を得ている 中国の大学でも論文の調査をするのだろうか?パクリをイノベーションと言う国だから、厳密に罰し始めたら切りがないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事