Record China

ヘッドライン:

J-20の飛行コストは毎時825万円以上?エンジン寿命はF-22の4分の1―中国メディア

配信日時:2019年3月28日(木) 0時50分
拡大
26日、新浪軍事は、J-20の飛行コストとエンジン寿命について分析する記事を掲載した。

2019年3月26日、新浪軍事は、J-20の飛行コストとエンジン寿命について分析する記事を掲載した。

記事まず、「戦闘機はコストが非常に高く、研究開発に多額の資金が投入される」とし、「例えば米国のF-22の場合、研究開発費が280億ドル(約3兆800億円)で、購入数が187機であるため、1機当たりのコストは3億3900万ドル(約373億円)になる。これにメンテナンス費や部品交換費用が加わる。資料によるとF-22の寿命は8000時間だが、極端な状況下では1万5000時間の使用が可能だ。この期間に必要な金額は75億元(約1238億円)であるため、飛行コストは1時間当たり50万元(約825万円)になる」と計算し、「F-22は非常にお金のかかる戦闘機である」と指摘した。

では、中国のJ-20はどうか。中国の軍事マニアの計算によると「研究開発費は300億ドル(約3兆3000億円)以上」だといい、「機体本体に200億ドル(約2兆2000億円)、その他の武器配備や配電系統、ステルス材料の研究費も含めると、1機当たりの単価は2億ドル(約220億円)にはなる」と予測した。そして、「J-20の1時間当たりの飛行コストはどう考えても50万元(約825万円)を超える」としている。

さらに、J-20の寿命についても紹介。記事は「戦闘機の寿命はエンジンで決まり、エンジン寿命は部品の強度で決まる。F-22はF-119エンジンを使用しており、その寿命は8000時間に達するが、J-20が使用する太行エンジン(WS-10)は、寿命が2000時間に過ぎない」と指摘した。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<コラム>中国の超音速ステルス無人機「暗剣」とは?ネットで広まった写真に注目

6月5日、中国の無人機「暗剣」の画像が中国インターネットのソーシャルメディアに現れた。中国航空工業第一集団の瀋陽航空機設計研究所が開発するこの無人機は、ステルス性能を持ち、超音速で飛行できると推測されている。写真は「暗剣」の模型。

洲良はるき
2018年6月24日 15時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング