UACJが河北省秦皇島市に自動車向けアルミ部品の合弁会社を設立、その他

配信日時:2019年3月27日(水) 9時30分
UACJが河北省に自動車向けアルミ部品の合弁会社を設立、その他
画像ID  1078508
UACJは、中国中信集団(CITIC)傘下の中信渤海アルミ(写真)および中信ダイカスタルなどと自動車向けアルミニウム部品分野で事業提携することで基本合意した。合弁会社を設立する。
UACJは河北省秦皇島市に自動車向けアルミ部品を製造販売する合弁会社を設立する。 / 信和とアルコニックスは広東省仏山市に建設用仮資材の合弁会社を設立する。

●UACJが中国CITICグループと自動車向けアルミ部品で業務提携、合弁会社も設立
UACJは、中国中信集団(CITIC)傘下の中信渤海アルミおよび中信ダイカスタルと、自動車向けアルミニウム部品分野で事業提携することで基本合意した。3社で押出加工部品の製造・販売合弁会社を設立する。26日付で発表した。

新会社の設立場所は中信渤海アルミと中信ダイカスタルの所在地である河北省秦皇島市。年産能力はバンパー45万個、車載電池筺体7万個で、2020年に生産を開始し、21年には量産を始める。資本金は1億元(約16億3000万円)で、中信渤海アルミが50%、中信ダイカスタルが9%、UACJが40%を出資する。

●信和とアルコニックス、広東省で建設用仮資材の合弁会社を設立へ
信和とアルコニックスは26日、広東省仏山市に建設用仮資材の輸入・製造・販売を行う合弁会社を設立すると発表した。

6月の設立を目指す。資本金は2500万元(約4億1000元)の予定で、信和が51.0%、広東創富金属製造が34.0%、アルコニックスが15.0%を出資する。広東創富金属製造はアルコニックスが35%を出資する同社の持分法適用関連会社。

広東創富金属製造は、中国国内の主要建設会社や不動産会社に建設用アルミ型枠を供給しており、中国建設業界において広く認知されているという。(編集/如月隼人)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事