Record China

ヘッドライン:

ヒット記録更新中の「西遊・降魔篇」、チャウ・シンチーが続編で主演に意欲!―中国

配信日時:2013年2月26日(火) 19時52分
拡大
25日、香港の俳優で映画監督のチャウ・シンチーによる最新作「西遊・降魔篇」が、中国語映画の歴代記録を次々と更新中だ。これを受けて、シンチーは続編制作とにこれに主演する意欲を明らかにした。
(1/8枚)

2013年2月25日、香港の俳優で映画監督のチャウ・シンチー(周星馳)による最新作「西遊・降魔篇」が、中国語映画の歴代記録を次々と更新中だ。これを受けて、シンチーは続編制作とにこれに主演する意欲を明らかにした。網易娯楽網が伝えた。

その他の写真

今月10日に封切られたチャウ・シンチー監督の最新作「西遊・降魔篇」。公開から2週間を迎えた24日、興行成績は10億元(約149億円)目前で、歴代中国語映画では最速スピードで数字を伸ばしている。香港とマカオだけでも、興行成績は3000万香港ドル(約3億6000万円)に接近中だ。中国市場でこれまで最高を記録したヒット作は米映画「アバター(09年)」による14億元(約210億円)だが、これを塗り替える可能性も見えてきた。

25日、広東省深セン市で同作のPRイベントに出席したシンチーによると、期待される続編についてはすでに準備中とのこと。今作は監督に専念したが、続編については自身で主演を務める可能性が大いにあるという。

同作でヒロインを演じた台湾の人気女優スー・チー(舒淇)に対し、並みならぬ好意を抱いている様子のシンチー。すっかり彼女の魅力のとりこになり、一連のPR活動の場では、彼女への愛を何度も大っぴらに語ってきた。過去に香港の美人女優アテナ・チュー(朱茵)と交際していたこともあるが、25日のプロモーションでは観客から「アテナとスー・チー、どっちが好き?」と鋭い質問が。シンチーは即座に「スー・チーを愛してる!」と答え、客席から拍手喝采を浴びていた。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング