Record China

ヘッドライン:

日本の空気清浄機、エアコンより高価でも大人気―中国

配信日時:2013年2月26日(火) 6時53分
拡大
25日、日本製の空気清浄機の平均価格はエアコンや液晶テレビといった大型耐久消費財の家電よりも高いが、中国の消費者は日本製品に熱を上げている。写真は北京の家電量販店。
(1/4枚)

2013年2月25日、日本製の空気清浄機の平均価格はエアコンや液晶テレビといった大型耐久消費財の家電よりも高いが、中国の消費者は日本製品に熱を上げている。山東商報が伝えた。

その他の写真

▽日本の空気清浄機が中国で人気

過去1−2カ月ほどの間に、中国人消費者の間でPM2.5(微小粒子状物質)への懸念が高まるにつれて、シャープ、ダイキン、パナソニックの日系メーカー3社の空港清浄器が中国で急速に売り上げを伸ばすようになった。

シャープ関連部門の責任者によると、中国人消費者が健康や環境をますます重視するようになるのに伴い、中国では日系メーカーが製造した空気清浄機の需要がどんどん膨らんでいる。シャープ製品の1月の中国での販売台数は前年同月の3倍になったという。

パナソニックの空気清浄機も1月には中国での販売台数が前年同月比2倍以上増加し、ダイキンも3.6倍増加した。パナソニックによると、中国の大気汚染がパナソニックの空気清浄機の売り上げに大きな影響をもたらすと確信しており、今年5月か6月まで販売台数は増加を続ける見込みという。パナソニックは現在、空気清浄機の生産量を50%増やすために努力を続けている。

▽日本製品の価格は高すぎると批判も

家電情報サイトの家電消費網がこのほど上海の家電製品売り場を取材したところ、シャープ、ダイキン、パナソニックをはじめとする日本製空気清浄機は価格が1台あたり4000〜5000元(約6万〜7万5000円)のものが多かった。一方、国産ブランドの製品、たとえば亜都の製品は2000〜3000元(約3万〜4万5000円)だ。一部の消費者は日系製品の価格を見た後、「日本の空気清浄機はエアコンや液晶テレビよりも高い」とため息をつく。空気清浄機が使用するフィルターの材料やイオン発生器などの部品のコストは数百元ほどで、エアコンの圧縮機や液晶テレビのディスプレーよりも大分安いはずだが、販売価格は逆にエアコンや液晶テレビよりも高い。

夏普商貿(中国)有限公司の酒井功董事副総裁(取締役副社長)によると、シャープの空気清浄機がエアコンや液晶テレビよりも高いのは、第一に中国市場に投入しているのが新製品で、より多くの消費者に知ってもらうため、宣伝費をかけているからだ。第二に、中国市場で製品を販売するには、やらなければならない認証の手続きがたくさんあり、納めなければならない費用もたくさんあり、このためコストが増大するからだという。

かつて日本のエアコンや液晶テレビが中国市場に入ってきた時も価格は非常に高かった。だが国内メーカーが市場に進出して価格戦争が始まると、日本製品も価格引き下げを迫られるようになった。これについてある業界関係者は、「中国の家電メーカーは空気清浄機で研鑽を積み、独自の知的財産権を備えた技術の研究開発と市場での営業販売を強化し、日系メーカーに占領された空気清浄機市場のシェアを奪い返すべきだ。また、価格戦争を通じて、国内の消費者に実益を与えるべきだ」と話している。(提供/人民網日本語版・翻訳/KS・編集/TF)

関連記事

中国大気汚染の原因微粒子、かつての米国スモッグと共通―中国メディア

19日、中国科学院が大気汚染の原因究明に向け発足させた専門家チームはこのほど、北京、上海、河北省のスモッグに含まれている大量の微粒子物質が、1940〜50年代に米国で検出された光化学スモッグの原因になった物質と同じだと発表した。写真はスモッグでかすむ北京。

Record China
2013年2月19日 23時49分
続きを読む

ランキング