Record China

ヘッドライン:

マーベル初の華人ヒーロー映画「シャン・チー」、“ブルース・リー俳優”マイク・モーを起用か

配信日時:2019年3月25日(月) 19時10分
拡大
24日、米マーベル・スタジオが初めてアジア人を主人公にしたスーパーヒーロー映画「Shang-Chi」(上気/シャン・チー)で、華人俳優マイク・モーの起用がほぼ確定ではないかと注目を集めている。
(1/2枚)

2019年3月24日、米マーベル・スタジオが初めてアジア人を主人公にしたスーパーヒーロー映画「Shang-Chi」(上気/シャン・チー)で、華人俳優マイク・モー(邁克瑪赫)の起用がほぼ確定ではないかと注目を集めている。

その他の写真

「Shang-Chi」はブルース・リーが人気だった当時、映画「燃えよドラゴン」の影響を受け、1973年12月の「Special Marvel Edition」に登場した中国出身のキャラクター。 映画化についてはこれまで、中国市場を意識して中華圏の人気俳優が起用されるのではないかと報じられ、台湾の俳優エディ・ポンや、米ドラマ「バッドランド ~最強の戦士~」が好評だったダニエル・ウー(呉彦祖)、中国の俳優ウー・ジン(呉京)など肉体派の名前が浮上していた。

しかしこのほど、ツイッター上で俳優パットン・オズワルトが「君で決まりだ」とつぶやいたことに、華人俳優マイク・モーが感謝を示す一連のやり取りが行われたことで、主役への抜てきがすでに決定したのではないかと注目の的に。マーベル側の公式発表が待たれる状態となっている。

35歳のマイク・モーは、ドラマ「マーベル インヒューマンズ」のトライトン役などで知られる俳優。クエンティン・タランティーノ監督の新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ではブルース・リー役を演じ、ブルースファンの間でも、そのたたずまいだけでなく、ややなまりのある英語も「ブルース本人を彷彿させる」として好評だ。(Mathilda

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

「カメラを止めるな!」中国で配信開始、劇場公開計画は取り消しか=中国ネット「早く見たい!」「映画館で見てこその作品」

25日、製作費300万円の極端な低予算ながら興行収入30億円を突破した日本のゾンビ映画「カメラを止めるな!」が、中国最大規模の配信サイト「愛奇芸」で26日から配信されるとして、中国版ツイッターのウェイボーで注目を集めている。資料写真。

Record China
2019年2月26日 13時10分
続きを読む

ランキング