Record China

ヘッドライン:

<尖閣問題>日米首脳会談、安倍首相「日米同盟を基礎に引き続き冷静に対処」―米国

配信日時:2013年2月23日(土) 13時1分
拡大
22日、訪米中の安倍首相はホワイトハウスでオバマ大統領との会談を終えた後記者会見し、尖閣諸島問題について、日本はこれまで通り冷静に対処していくと語った。資料写真。
(1/2枚)

2013年2月22日、訪米中の安倍晋三首相はホワイトハウスでオバマ大統領との会談を終えた後記者会見し、尖閣諸島問題について、日本はこれまで通り冷静に対処していくと語った。23日付で中国新聞社が伝えた。

その他の写真

会談を終えた後、安倍首相はオバマ大統領とともに共同記者会見に臨んだ。記者から尖閣問題に関しての質問を受け、「日本は常に冷静に対処していく考えだ」と答えた。また、日米同盟が地域の平和と安定に有益な安定した要因であることに同意したと語った。さらに、この種の問題やその他の問題、並びに日米両国がこの地域で直面する幅広い問題に対処する際に、密接な協調関係を保持していくことで双方が同意したことを明らかにし、日米同盟を基礎にこの種の問題を引き続き協調して処理していくと述べた。

一方、オバマ大統領は、尖閣問題だけでなく、中国についても触れず、記者からの質問も米国国内問題に終始したが、記者会見冒頭には「日本は米国の最も親密な盟友国の1つであり、日米同盟は米国の安全および米国のアジア・太平洋地域における行動の核心的基礎である」と強調した。(翻訳・編集/HA)

関連記事

ランキング