Record China

ヘッドライン:

<フィギュア>韓国選手を蹴った米国選手が謝罪「意図的ではない」=韓国ネットの怒りは収まらず

配信日時:2019年3月22日(金) 12時0分
拡大
21日、韓国・SPOTVNEWSによると、韓国の林恩讐を意図的に負傷させた疑いが持たれている米国のマライア・ベルが謝罪の意を示した。資料写真。

2019年3月21日、韓国・SPOTVNEWSによると、韓国の女子選手、林恩讐(イム・ウンス)を意図的に負傷させた疑いが持たれている米国の女子選手、マライア・ベルが謝罪の意を示した。

林のマネジメント会社によると、林はさいたまスーパーアリーナで開催中のフィギュアスケート世界選手権の練習中に、マライア・ベルに蹴られてふくらはぎを負傷したという。マネジメント会社関係者は「これまでは無視していたが、大会直直前にいじめがエスカレートした」と主張している。

林のマネジメント会社からの要請を受け、国際スケート連盟(ISU)は両国の選手団関係者を集めて会議を行った。会議で米選手団関係者は「ベルは林との衝突について意図的ではなかったと述べている。練習用の音楽が流れ始めたためその時は謝罪できなかったが、ベルは謝罪したがっている」と話したという。これに対し、林は謝罪を受け入れる考えを示している。2人は22日のフリー終了後に会う予定という。

これに、韓国のネットユーザーからは「知らないふりしたことが故意の証拠では?」「謝罪するふりだろう。うその謝罪は必要ない」「韓国のファンがSNSで猛抗議したから焦って謝罪しただけ」「他の選手を蹴ったのに謝罪より練習を優先させたの?意図的でなかったとしても理解できない」「意図的でないミスなら余計謝罪するべき。自分の音楽が終わった後でもできたはずだ」など米選手への批判の声が続出している。

また「これまでもいじめを受けていたのに、なぜコーチやスタッフは黙っていたの?本当に情けない」「謝罪を受けて満足してはいけない。捜査して事実を明らかにするべきだ」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

「キム・ヨナの後継者」イム・ウンスに韓国で期待高まる「次のフィギュアクイーンに」―中国メディア

20日、中国メディアの騰訊体育は、フィギュアスケートのグランプリシリーズロシア大会の女子シングルで3位に入った韓国のイム・ウンスについて、韓国メディアが「次のフィギュアクイーンになれる」と高い期待を寄せていると報じた。写真右がイム・ウンス。

Record China
2018年11月21日 18時20分
続きを読む

ランキング