Record China

ヘッドライン:

中国戦闘機が訓練中に故障、学校への墜落避けようとして脱出せずパイロット死亡―中国メディア

配信日時:2019年3月21日(木) 16時10分
拡大
中国海軍の戦闘機が12日に墜落した事故で、搭乗していたパイロット2人は学校への墜落を避けようとして最後まで脱出せず犠牲になったことが分かった。2019年3月20日付の中国中央電視台(中国中央テレビ、CCTV)の報道などで分かった。

これまでの報道を総合すると、事故が発生したのは海南省楽東リー族自治県内。戦闘機が訓練中に故障して墜落した。搭乗していたのは2人で、学校に突っ込みそうになった。2人は最後まで学校への墜落を避けようとしたため、脱出のチャンスを逃したという。飛行機は学校敷地から15メートル離れた水道施設に墜落した。

当時の学校の状況は詳しく紹介されていないが、CCTVは「群衆への被害を避けるため」、中国メディアの西部網は「地上で死傷者は出なかった」「自らを犠牲にして教師と生徒を守った」などと報じた。

搭乗者2人のうちの1人は任永濤(レン・ヨンタオ)飛行士。陝西省出身で36歳、これまでの飛行時間は1623時間だった。もう1人は粘金●(ニエン・ジンシン、●は「品」の「口」を「金」に代える)飛行士。山東省出身で26歳、飛行時間は413時間だった。2人の遺灰は19日までに故郷に送り戻された。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

インドネシア墜落機は中国企業からのリース、中国側に航空業界の知識不足、リース業不慣れなどの問題

29日に墜落したインドネシア機は中国民生投資集団(CMIC)がリースしたものだった。中国新聞社は中国のリース会社には航空関連の業務についての知識が不足しており、リース業務そのものにも経験が不足していると指摘する記事を発表した。写真はCMIC社屋。

Record china
2018年10月31日 10時20分
続きを読む

韓国国産ヘリコプターの運航が全面停止に、墜落事故で衝撃広がる=「国産の限界」「考えられない事故」―韓国ネット

18日、韓国・SBSによると、16日午後に韓国製ヘリコプター「マリンオン」が、離陸直後数秒でメーンローターが丸ごと外れる墜落事故を起こしたことを受け、マリンオンの母体となったヘリコプター「スリオン」の運航が停止された。写真は韓国軍。

Record china
2018年7月19日 14時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング