【募集中】韓国語社内スタッフ

「日本軍の残虐さを思い出させる」米LAの壁画がまたも抗議の対象に

配信日時:2019年3月21日(木) 6時10分
「日本軍の残虐さを思い出させる」米LAの壁画がまたも抗議の対象に
画像ID  1076858
20日、韓国・聯合ニュースによると、米ロサンゼルスのコリアンタウンにある壁画が再び問題視されている。写真は旭日旗。
2019年3月20日、韓国・聯合ニュースによると、米ロサンゼルス(LA)のコリアンタウンにある壁画が再び問題視されている。

記事によると、LAで活動する韓国人芸術家団体「Gyopo」は最近、コリアンタウンにある公立学校ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクールズの外壁に描かれている壁画について「旭日旗の模様が日本植民地時代の日本軍の残虐さを思い出させる」と主張し、撤去もしくは修正を求める内容の書簡をLA統一学区(LAUSD)のロバート・マルティネス教育監に送付した。

問題の壁画は中心に米有名女優のエヴァ・ガードナーの姿、背景に放射状に広がる赤と青の光が描かれている。

LAUSDは昨年12月、LAのコリアンコミュニティーから抗議を受け、同壁画を撤去すると発表していた。しかし現地の芸術家らが「表現の自由を侵害するもの」として反発したため、撤去計画は保留になっていた。また、今年1月にはコリアンタウン内の学校に通う生徒30人が請願サイトに「憎悪の象徴を撤去せよ」との主張を掲載し、署名を集めていた。

これを見た韓国のネットユーザーからは「歴史をしっかり学び、撤去して謝罪するべき」「横にナチスの象徴を描いても『表現の自由』と言える?」「やっぱり米国にとっての1番は日本なんだ」「強く抗議して今すぐ撤去させないと!人間が人間扱いされなかったあの時代が思い出され、トラウマがよみがえる」など、LAUSDへの批判や撤去を求める声が相次いでいる。

また、「日本政府が賄賂を渡したのか?」「これも全て日本政府が歴史を反省しないせい」と指摘する声も。

一方で「色が違うから全く旭日旗に見えない。無理やり過ぎない?」「旭日旗は世界が認める日本を象徴する旗。特定の集団の反対で撤去するなんて常識的に考えて無理だよ」との意見も見られた。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事