Record China

ヘッドライン:

エッフェル塔やロンドン橋、各地のパクリ建築物は能力誇示が原因―中国

配信日時:2013年2月21日(木) 21時30分
拡大
20日、なぜ中国にはパクリ建築物が多いのだろうか?写真はホワイトハウスを模倣した江蘇省常熱市の裁判所。
(1/3枚)

2013年2月20日、中国青年報は米国人記者の分析を通じて、なぜ中国にはパクリ建築物が多いのかを報じた。

その他の写真

杭州には約3分の2に縮小した“エッフェル塔”があり、蘇州には本物よりも橋脇の高層建築物が2棟多い“ロンドン橋”がある。これ以外にも全国各地に様々な“ホワイトハウス”が存在している。

また、上海市松江区の高級住宅街「テムズタウン」には、欧州中世の雰囲気を持つ街並みやバロック様式の教会、真四角な赤い色の電話ボックスなどがあり、英国王室の近衛兵のような赤い制服を着たガードマンが警備している。一見すると、まさに欧州の街角にいるような錯覚にさえ陥る。

米ニュースサイト、ハフィントン・ポストの記者は「建築物においても古い歴史を持つ中国がなぜ、巨額を投じてパクリ建築物を作るのか疑問に感じた」と話し、中国人がこうしたパクリ建築物を造るのは自分の能力を見せびらかしたいからだと分析する。欧米諸国ではパクリやコピーはタブーであり、自身の想像力欠如を示す行為でもある。しかし、中国ではコピーすることが技術の到達や文化の成熟を表し、コピーした本人が低俗に見られることはない。

では、なぜ中国人はマンハッタンやロンドンの街並みはまねて、ポーランドの街並みをまねないのか?それは、中国には強大な経済体に対する敬畏と憧れが存在しているからである。人々は強者をまねすることによって、強者と同様の豊かな生活を期待している。

ならば、なぜ同様に経済が発展している日本の都市をまねないのか?ある政府高官は「それは当然あり得ない。考えたことすらない」と直ちに反論した。他国の建築物をまねるのはなぜかとの問いに対し、この高官は「海外からの経験を学び、高品質で高効率、高水準な都市計画を実施しなければならない」と答えた。

記者は「これらのパクリ建築物が中国が欧米と同等の能力を持っていることの表現であるならば、将来中国が他国を超越する日が来た時に初めて自分たちの伝統ある建築物を見直すのだろうか?その時、このパクリ建築物はどうなってしまうのだろう」と疑問を感じているという。(翻訳・編集/HA)

関連記事

<早分かり>まだあった!悪名高き「パクりディズニー」の遊園地―石景山遊楽園

26日、旧正月を迎えた北京市郊外の石景山遊楽園では、丑年を記念して牛の丸焼きを来場客に振舞った。この遊園地、かつて「ディズニーのパクり」として世界的に有名になったテーマパークなのである。写真はその後改正された正真正銘の「オリジナル・キャラクター」。

Record China
2009年1月29日 8時6分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング