羽生結弦に対する中国人記者の質問が物議、会見後の羽生の「些細な行動」に称賛も

Record China    2019年3月19日(火) 19時50分

拡大

20日に開幕するフィギュアスケートの世界選手権で復帰する羽生結弦に対し、中国国営メディアの記者がした質問が注目を集めている。写真は羽生。

20日に開幕するフィギュアスケートの世界選手権で復帰する羽生結弦に対し、中国国営メディアの記者がした質問が注目を集めている。

羽生は19日の公式練習後に宇野昌磨、田中刑事と共に会見に臨んだ。各メディアの記者から羽生に対して今大会への意気込みやコンディションを訪ねる質問が相次ぐ中、新華社の記者は「(羽生は)2度の五輪でチャンピオンになっていますが、2022年の北京冬季五輪に出場するおつもりはありますか?」と英語で質問した。

これに対して、羽生は「今はまだ次の五輪のことは考えられません。今大会に集中しなければならないので。申し訳ありませんが、この大会以外のことについては何もコメントできません。この大会でベストを尽くします」と英語で回答した。

このやり取りが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の羽生のファンアカウントで転載されると、ネットユーザーからは「新華社の記者の質問が…」「新華社はせっかくの質問のチャンスを無駄にしたな」「はっはっは、新華社よ。その質問の答えはもう知ってるんだよ」「羽生はこれまで何度も同じ質問を受け、同じように答えているのに」「うちの国の記者は2022年について聞くのが好きだなあ」など、記者へのツッコミが相次いだ。

一方で、「新華社の記者の質問は問題ないと思う。一般の人が知りたいことという角度からであれば、私も同じことを聞いたと思う」「次の五輪のホスト国の期待を表した良い質問。(羽生が)答えるのも難しくないしね」「他の記者はみんなけがについてのことや、準備についてのことを質問している。新華社の記者がほかの質問をしたっていいだろう。この質問の答えは分かっているけど、時間が変われば人の考え方は変わるものだし、羽生に悪い影響を与える質問でもないんだから」とフォローするコメントも寄せられている。

このほか、端の席に座っていた羽生が会見終了後に宇野や田中の椅子まで丁寧に直し、記者に何度もお辞儀をしながら会場を後にしたことについて、「帰る時、椅子をきちんとしまっているのが偉い」「本当に礼儀正しいなあ」などとたたえるコメントも寄せられている。(北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携