「顔は整形できるが、歴史を整形してはならない」=高須クリニック院長の“南京捏造論”に批判―中国紙

配信日時:2019年3月19日(火) 12時0分
「歴史を整形してはならない」=高須クリニック院長の“南京捏造論”に批判
画像ID  1076429
19日、環球時報は、かつてアウシュビッツ強制収容所や南京事件の歴史を捏造(ねつぞう)と発言した高須クリニックの高須克弥院長に対し、同収容所や南京大虐殺記念館から反発の声が出ていると報じた。写真は南京大虐殺記念館。
2019年3月19日、環球時報は、かつてアウシュビッツ強制収容所や南京事件の歴史を捏造(ねつぞう)と発言した高須クリニックの高須克弥院長に対し、同収容所や南京大虐殺記念館から反発の声が出ていると報じた。

その他の写真

記事は、高須氏が2015年10月にツイッター上で「南京もアウシュビッツも捏造だと思う」と発言したことを紹介。アウシュビッツ記念館公式アカウントが今月15日にこの発言を引用したうえで「アウシュビッツは世界中の人々の心に絶えず忠告する史実です。ナチス・ドイツによって造られたその強制・絶滅収容所の史跡は、人類史上最大の悲劇を象徴しています」と日本語でツイートしたことを伝えた。

そして、「同記念館のアカウントが日本語でツイートするのは非常にまれなこと」とするとともに、高須氏がさらにこの発言を引用して「全ての歴史は検証されるべき。これこそ科学者の然るべき姿勢」と返答したことを紹介している。

一方、南京大虐殺記念館の張建軍(ジャン・ジエンジュン)館長は18日、「アウシュビッツと立場は同じだ。どちらも動かぬ証拠が山の如く存在する史実であり、一部の右翼主義者が騒いだからといって変わるものではない。高須氏は美容整形医とのこと。顔は整形してもいいが、歴史は整形してはならない」とコメントした。

環球時報は「美容整形界の第一人者である高須氏は日常的にツイッターで中国を攻撃する言論を発し、中国を悪く言う報道を転送している。ダライ・ラマを親密な友人と称し、ナチスへの支持を公に表明したこともある。それにもかかわらず、高須氏による美容整形を求める中国人客もいる」などと伝えている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • MR***** | (2019/03/19 14:08)

    最近この院長にまつわるニュース多いんだけど、本業大丈夫なの?? 医者のはずなのに・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/03/19 12:43)

    >全ての歴史は検証されるべき。これこそ科学者の然るべき姿勢 >どちらも動かぬ証拠が山の如く存在する史実であり 高須院長は〈南京事件〉を否定しているわけでなく『科学的に検証すべきだ』と言っているに過ぎない。それに対して南京記念館館長は『山のように証拠がある』として、他国が事件の詳細に触れることを禁じている。どちらの言い分が正しいかは明らかであろう。だいたい当時の南京市に30万人もの住民がいなかったことくらい、科学を駆使しなくともわかるはずだ。館長が事件に触れられたくない気持ちも理解できる。 〈追加〉 高須院長は理研のSTAP細胞論文疑惑のとき『小保方晴子に高須クリニックで実験の検証をさせてみたら』と言う意見に対して『努力しない人は嫌いだ』と答えていた。高須院長が常に正しいとは言わないが、考え方に筋の通った人だと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • yas***** | (2019/03/19 12:34)

    「顔を整形しても・・・」のツイートは上出来。 しかし、中国の主張、言い分が総て正しいとは言えない。伝聞では無く、証拠となる物が必要。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事