<コラム>中国が共同開発したパキスタン戦闘機、インド戦闘機を撃墜か?

洲良はるき    2019年3月18日(月) 19時20分

拡大

2月27日、インドとパキスタンの間で戦闘機どうしの空中戦が発生し、実際に戦闘機が撃墜されている。中華網などの中国語の報道では今回の空中戦について、主にパキスタン側の報道が紹介されている。写真はJF-17戦闘機。

2月27日、インドとパキスタンの間で戦闘機どうしの空中戦が発生し、実際に戦闘機が撃墜されている。

中華網などの中国語の報道では今回の空中戦について、主にパキスタン側の報道が紹介されている。パキスタン側の主張によると、中国とパキスタンが共同出資して開発したJF-17戦闘機がインドのMiG-21戦闘機を撃墜したという。

JF-17に乗り、インドのMiG-21を撃墜したとするのは、ハッサン・シディック少佐であったという。シディック少佐が搭乗するJF-17はペシャワール空軍基地駐在の第26戦闘機中隊「ブラックスパイダー」に所属する機体である。この中隊は、1971年の第三次印パ戦争のときに、インド戦闘機7機を撃墜、少なくとも2機を撃破しており、古くから知られた勲功のある部隊のひとつだ。パキスタン側の報道によると、撃墜したJF-17はブロック2で、2018年にはじめて視程外(BVR:beyond-visual-range)中距離空対空ミサイルの射撃訓練に成功したとしている。

シディック少佐の証言によると、27日午前10時前後にパキスタンの地上レーダー部隊がインド空軍が進んでいる方向を確認した。パキスタン空軍のF-16戦闘機とJF-17戦闘機が出撃し、全部で24機の戦闘機が、MiG-21が先陣をきるインド空軍を迎えうったという。

(英字軍事ウェブメディア、アヴィオニストによると、インド側の戦力は、Su-30が4機、ミラージュ2000が2機、MiG-21バイソンが2機の合計8機。パキスタン側の戦力はF-16が8機、ミラージュIIIが4機、JF-17が4機など合計24機だったとしている)

パキスタンの地上レーダーがインドの戦闘機編隊の発見に間にあい、さらにはインド軍の飛行ルートの予測に成功したので、パキスタン空軍はZDK-03空中早期警戒機の誘導で、インド戦闘機編隊の飛行ルート上に伏兵をおくことに成功したとしている。

シディック少佐の搭乗するJF-17戦闘機は、上昇して2分後に、目標をさだめMiG-21戦闘機1機を撃墜した。撃墜されたMiG-21に搭乗していたアビナンダン・バルタマン中佐はPL-5空対空ミサイルにロックオンされた後、回避動作にはいったが、ずっとミサイルのロックオンから逃げることはできなかった。報道によると、そのときのJF-17戦闘機編隊は電子戦ポッドを装備しており、情報面で編隊全体が優位になっていた。このため機先を制すことができ、このときの空中戦に勝利できたとしている。英字雑誌エアフォースマンスリーによると、JF-17はKG300Gジャミングポッドを装備できる。

今回の空戦でパキスタン側とインド側の主張は、くい違っている。

27日、パキスタン軍広報は次のように言っている。「インド空軍が、カシミール停戦ライン(LOC:Line of Control)を越えた。パキスタン空軍は2機のインド航空機をパキスタン空域で撃墜した」「撃墜した航空機の1機はアザド・カシミール地域(パキスタンが占有)に落ち、他の1機はジャンムー・カシミール地域(IOK:インドが占有)に落ちた」

一方、インド側の主張によれば、空中戦はパキスタン空軍がインドの領空に侵入しておこなわれたという。インド空軍のカプール少将がニューデリーでの記者会見で発言している。「空中戦でパキスタンのF-16一機がインド空軍のMiG-21バイソンによって撃墜された。F-16はカシミール停戦ライン(LOC)を越えてパキスタンが占有するジャム・カシミール地域へ墜落していった。インド空軍は一機のMiG-21を失った」

しかし、パキスタン側はF-16が撃墜されたことを否定している。

27日のインド外務省の声明では、「パキスタン空軍の戦闘機一機がインド空軍のMiG-21を撃墜した」「パキスタンの航空機がパキスタン側に落ちていくのを地上軍が見ていた。この交戦で、我々は不幸にも一機のMiG-21を失った。パイロットは行方不明」としている。

はやくも28日に、パキスタン政府公式ツイッターは、イムラン・カーン首相の名前とともに、平和への意思表示として明日インドのパイロットを解放するとしており、実際にその後パイロットは解放されている。

インド空軍は空対空ミサイルであるAMRAAMの破片を展示した。このミサイルはパキスタンではF-16戦闘機でしか使用できないとされているもので、インド側はMiG-21との交戦にF-16が使用された証拠としている。

F-16はアメリカ製の戦闘機だ。インドへの攻撃にパキスタンのF-16が使用された場合、エンドユーザー契約の違反行為になるとして、さらなる情報を求めていると、アメリカ国務省の広報が発言している。しかし、「外国への軍産品販売の契約内容は公開しないという取り決めがあるため、エンドユーザー契約のくわしい内容を話題にすることはできない」と米国防省の広報が発言している。

アメリカは、世界最大のハイテク軍産品輸出国であるが、エンドユーザーを厳しくチェックする取り決めをしている。パキスタンの国外でのF-16の運用は、必ずアメリカ側の同意を必要とするという、「ツーマンルール」が存在する、と米国務長官が公聴会で言った。

JF-17戦闘機はパキスタンと中国が共同出資して開発した戦闘機で、空対空ミサイル、空対地ミサイル、空対艦ミサイル、ターゲティングポッドなど、多様な装備が使用できる。JF-17は半分の価格で、F-16を補完できるものとしてパキスタン空軍の屋台骨となるように意図された戦闘機だった。パキスタンは2010年2月に最初のJF-17飛行隊を就役させている。

しかし、パキスタンは2013年に直接ヨルダンから、中古のF-16を13機購入してもいる。

パキスタンのF-16で特筆すべきことは、この戦闘機がパキスタンの核攻撃手段のひとつとなっていることだろう。諜報機関の報告によると、パキスタンの第9、第11飛行隊のF-16は、中央パイロン(爆弾・ミサイルなどを吊りさげるための器具)に核爆弾が装備できるよう改造されているという。

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携